ペ・スジ「私はそんなに明るくない」 “国民の初恋”と呼ばれる人気女優の意外な素顔とは?【インタビュー】

写真拡大 (全2枚)

女優のペ・スジが初の単独主演ドラマ『アンナ』(原題)、より成熟した演技を見せて好評を得ている。

【写真】ペ・スジ、意外すぎる「背中のタトゥー」

6月29日、ペ・スジは韓国メディア『OSEN』とのインタビューで、『アンナ』で演じたイ・ユミ、イ・アンナについての感想を語った。

ペ・スジが初の単独主演を務めたCoupang Playオリジナル『アンナ』は、名前、家族、学歴、過去まで、些細な嘘をついたことで、完全に他人の人生を生きることになった女の話を描いたドラマだ。24日から韓国で配信されている。

ペ・スジ

ペ・スジは劇中、人生に疲れたユミ、華麗な人生を楽しむアンナという2つの役で、10代後半から30代後半まで、一人の女性が体験する人生を完璧に消化した。

イ・ユミ、イ・アンナという対照的な2つの役を演じているスジは、「このキャラクターを演じたかった理由も、私が新しい姿を見せたいという欲があったためだ。なので、この作品を通じて、何か違う姿をお見せできる契機になるのではないかと思う。私にとっては大切な作品として残るだろう」と話した。

スジは単独主演として作品をリードし、キャラクターの心理と状況を繊細に表現している。

特に、これまで見せてきた明るく清純だった姿とは異なり、視聴者たちに、より大きく近づいてきた。「私が思うに、私はそんなに明るいとは思わない。この作品での姿が、私と結構近いのではないかと思う。人々に色々な姿があるが、スジにもこういう姿があるんだと、新しい顔が見られる作品として残ってほしい」と語った。

特に「いつもプレッシャーが大きくて、次回作やほかの負担が新しく感じられないと思う。褒め言葉には慣れていないが、今回の賞賛にも一喜一憂せず、自分のやるべきことを黙々としたい」と堅実な考えを明かした。

最後に、「ユミは自分が選択した道に対して耐えられることができた。それらをどのような方法で耐え、それらがどのような影響を及ぼすのか見守ってほしい。そしてユミはずっと“ある選択”をすることになるが、よく見守ってほしい」とお願いをした。

(記事提供=OSEN)

◇ペ・スジ プロフィール

1994年10月10日生まれ。2010年デビューのガールズグループ、missAのメンバーとしとしてK-POP界の最前線を駆け抜けた。女優としての活躍も目覚ましく、2012年公開の韓国映画『建築学概論』では“国民の初恋”と称されるほどの人気を得た。現在は韓国を代表する女優として、多彩な作品に挑戦し続けている。