去就が注目されているMF久保建英【写真:Getty Images】

写真拡大

レアル公式サイトに並んだ久保建英、「未登録の選手たち」の1人に

 スペイン1部マジョルカでのレンタルシーズン(2021-22)を終えた日本代表MF久保建英は、保有元のレアル・マドリードへ復帰する形となるが、新シーズンの所属先は不透明となっている。

 そんななか、レアルの公式サイトでは白ユニフォームを着用した姿で久保が登場。「未登録の選手たち」の1人として並んでおり、海外メディアも注目している。

 昨季、マジョルカではリーグ戦27試合で1得点1アシストと物足りない結果に終わった久保。レアルの首脳陣へのアピールとしては弱く、さらにレアルの外国籍枠が埋まっていることもあり、新シーズンはスペイン1部レアル・ソシエダへのレンタルなどが浮上している。

 そんななか、レアルの公式サイトがトップチームの選手たちを紹介。フランス代表FWカリム・ベンゼマやブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールらが並ぶなか、同じページ内に久保も登場。レアルの白ユニフォームを着用した証明写真で写っている一方、ほかの3選手と並んでいる場所は「未登録の選手たち」という項目になっている。

 海外サッカーサイト「BeSoccer」では「レアル・マドリードは、アルバロ・オドリオソラ、ヘイニエル・ジェズス、久保建英、ボルハ・マジョラルを公式サイトに掲載した。この選手たちは将来が不透明で、クラブを離れる可能性がある」と注目。未登録のため背番号は与えられておらず、「久保とレイニエはレアルを去る可能性が最も高い」と報じている。

 果たして久保の新天地はどこになるのか。海外メディアもその動向を注視しているようだ。(FOOTBALL ZONE編集部)