6月の日本選手権に出場したディーン元気、10年ぶりの復活優勝を飾った【写真:Getty Images】

写真拡大

世界陸上へ、ディーン元気&兒玉芽生がオンライン会見

 15日開幕のオレゴン世界陸上代表に選出された男子やり投げのディーン元気、女子4×100メートルリレー代表の兒玉芽生(ともにミズノ)が2日、オンラインで取材に応じた。

 2012年ロンドン五輪代表で30歳のディーンは、6月の日本選手権で10年ぶり2度目の復活優勝。世界ランクで出場権を獲得した。世界陸上は初出場となる。10年ぶりとなるシニアの世界大会へ「率直に嬉しい気持ちとワクワクしている気持ちがあります。本番までの過程を楽しみしている。出場した国際大会で予選落ちはないので、今回も決勝にいきたい気持ちが強いです」と心待ちにした。

 この10年は怪我など紆余曲折がありながら前を向いて努力を続けた。「怪我をしっかり治す取り組みに凄く時間を割いた。そこからやりを投げるために試行錯誤する時間が増えた」。2017年は休養に専念。心身ともに回復し、復帰後はフィンランドで合宿をするなど80メートル超の好記録をマークしていった。

 安定感を欠いた投てきが続いたが、今年は違うという。

「それ(80メートル超えの投てき)から試合で110%、120%出そうとして崩れることが多かった。焦りが多かったのは自覚としてはあるので、それが尾を引いた。そういうのを含めて(最近は)大人になったのかなというのが一番の感想です。僕は10年前よりアベレージは上がっている。10年前より3投以内に予選を通過する自信がある」

 今後はフィンランドで最終調整し、米国入りする。「予選を通る準備をしていきたい。強豪と投げた方がくらいついて自分の投てきが良くなる。世界陸上では自己ベストは勝手に出てくると思う。記録を意識せずに自分の技術に集中すれば、来年の世界陸上の参加標準、自己ベスト、日本記録がついてくる。まずはそういう記録を意識せずにやりたい」と語った。

兒玉も意気込み「挑戦する気持ちで」「しっかり結果を出したい」

 4月に新社会人となった23歳の兒玉も初出場。卒業したばかりの福岡大に拠点を置きながら世界に挑む。「リレーではありますが、日本代表に選出していただいたのは嬉しいこと。東京五輪で結果を出せなかったので、今年しっかり結果を出したい。東京五輪は私の2、3走のところでロスがあった。バトンの精度をしっかりと去年よりも高めていきたい」とコメント。決勝に進めなかった東京五輪の雪辱を果たしたいところだ。

「東京五輪は出場するだけになってしまった。出場することを目標にしていたので、それ以上の結果を出せなかった。今年はそれ以上の結果を残したいというのが大きな気持ちの変化。日本選手権で今まで勝っていて、負けてはいけないと守りに入っていた。今年は守りじゃなくて、世界で戦うにはどうしたらいいかという挑戦する気持ちでやれているのは大きな変化だと思います」

 今後は南部記念にリレーで出場し、渡米する。「来週の試合が凄く大事になる。しっかりバトンを合わせて、それ以外にも個々の力が必要になるので、どの走順になってもいいようにしっかり準備したい。予選通過には42秒台が必要。簡単ではないけど、しっかりと挑戦する気持ちで日本記録の更新と決勝を目指せるように頑張りたい」と力を込めた。

(THE ANSWER編集部)