全日本大学駅伝の関東地区選考会で5位となり、5年ぶりの本大会出場を決めた大東文化大【写真:和田悟志】

写真拡大

今年から大東文化大を率いる真名子圭監督、全日本大学駅伝の出場権を5年ぶりに獲得

 かつて箱根駅伝で総合優勝4回を誇る名門・大東文化大学も、その予選会では3年連続で敗退しており、低迷が続いている。だが、今季は明らかに過去3年間とは違う。シーズンは始まったばかりだが、復活の兆しがある。

 その予感を色濃く示したのが、6月19日に行われた全日本大学駅伝関東地区選考会だった。

 この選考会は、各組1校2名ずつ、4組で1万メートルのレースを行い、計8名の合計タイムで競うというもの。11月に開催される本大会に出場できるのは20校中7校しかない。

 大東大は、1組目を終えて14位と大きく出遅れながらも、2組目以降で巻き返し、最終的には5位に浮上。厳しい戦いを勝ち上がって、5年ぶりに本大会出場を決めた。

「まだ3か月かもしれないけれど、この3か月で君たちは間違いなく変わろうとしている。『強くなろう』『強い大東文化大学を取り戻そう』『復活させよう』と、そういった気持ちがすごく伝わるレースでした。監督としてもそうですし、いちOBとしても、すごく感極まりました」

 レース後の集合時に、こんな言葉で学生たちを労ったのが、今年4月に男子長距離監督に就任した真名子圭(まなこ・きよし)監督だ。

 真名子監督は、大東大OBで箱根駅伝には4年連続で出場。大学4年時には10区で区間新記録を打ち立てて区間賞に輝いている。実業団のHondaを経て、現役引退後に高校教諭となった。

 2012年から昨年度までは駅伝の名門・仙台育英高に赴任し、今年の箱根駅伝1区で区間新記録を樹立した吉居大和(中央大3年)らを指導した。2019年の全国高校駅伝では通算8度目の全国優勝にも導いている。

 実は、真名子監督が就任した時の仙台育英高は、低迷期の真っ只中だった。主力の集団転校があったり、東日本大震災の影響で練習環境も不十分だったりと苦しい時期だった。そこから数年足らずで、再び全国の強豪校へと復活させたのだ。

 その手腕を評価され、今度は母校・大東大へ、指導者として帰ってきた。

マイナス思考に陥っていた選手の意識改革から着手

「正直、(大東大に)戻ってきた時は、やっぱり予選会の学校だなと感じました」

 就任当初のチームの印象を、真名子監督は率直にこう評する。

「足を速くする以前に、精神的な部分、心をまずは強くするっていう指導を行いました。自分たちは『俺たちは無理かもしれない』とか『あの大学には勝てない』とか、マイナスな言葉が選手たちから出てきたんです。それでは、いつまで経っても(箱根の)シード権は獲れないし、予選会だって突破できない。だから、『マイナスなことを口にするのはやめてプラスなことを口にして、でも、プラスなことを口にしたからにはしっかりやろう』ということを言ってきました。

 予選会が当たり前じゃなくて、シード権を獲って本戦を走ることを当たり前にしなきゃいけないということを、徹底して指導してきました」

 まずは意識改革から着手した。

 マイナス思考に陥っていたとはいえ、選手たちも“強くなりたい”という思いは持ち続けていたのだろう。

「練習への意識、あとは一人ひとりの姿勢が変わった。私生活も練習もしっかりやっています」と、4年生の大野陽人が言うように、選手たちも、真名子監督の指導についていった。ちなみに、大野は全日本関東選考会でも3組1着と活躍を見せている。

「大学生なので、反発があるかなと思っていたんですけど、何を言っても、僕の目を見て素直に聞いてくれるし、応えてやってくれている。そこには僕も、すごく感謝しています」と真名子監督。新監督の思いに、選手たちも応えているというよりも、むしろ、指導者も選手たちも同じ思いを共有していると言ったほうが適切なのかもしれない。

 選手たちが応えてくれるなら、監督も一人ひとりに対して、向き合おうと努めている。

 全日本選考会では、1組目を走った小田恭平(2年)が組39着と振るわなかった。その小田に対して「本当に悔しい思いをしたかもしれないけれども、これは、しっかりとそこまで準備させてあげられなかった監督の責任でもある。恭平の力は正直こんなもんじゃない」と、レース後にはしっかりとフォローしていた。

真名子監督の下で教え子ピーター・ワンジルが復活

 また、4年生で出場したのは大野だけで、他の主力は教育実習や怪我があって、走ることができなかった。

「本来であれば(1万メートル)28分台を持っている4年生が走らなければいけない。でも、今回は大野と後輩たちが頑張って、全日本の出場権を得てくれた。今度は4年生が、それに返してください」

 走れなかった4年生に対しては、こんな言葉で鼓舞していた。

 今季、最も大きな変化が見られたのは、留学生のピーター・ワンジル(2年)だろう。

 実はピーターは、真名子監督の仙台育英高時代の教え子であり、高校卒業後に実業団で競技を続け、昨年大東大に入学した。しかし、昨年の箱根予選会では本大会出場の力になるどころか、まさかのチーム内最下位に終わるなど、1年時は苦しいレースが続いた。

 ところが今季、再び真名子監督の指導を受けるようになって、息を吹き返している。

「真名子先生が来てくれて嬉しい」と話すピーターは、5月に5000メートルで6年ぶりに自己記録を打ち立て、一気に約14秒も短縮した。さらに全日本選考会では、2組を任されると、2位に40秒超の大差をつけて、トップでフィニッシュした。

「陸上って、トレーニングだけじゃなくて、気持ちの部分がしっかり乗ってこないと結果が出ない。そういう意味では、彼も走れないことで落ち込んでいた部分があったと思う。チームメートに対して、少しずつ(心を)開けるようになってきたことが、今の彼の成長につながっているのかなと思います。

 それに、去年までは留学生の練習メニューをこなしていたと思うんですけど、今は日本人と一緒に練習をさせています。彼の中には『他大学の留学生に対抗しなきゃいけない』っていう思いがあって、それがプレッシャーになり、空回りしていた部分があった。でも、そこまで強くなくてもいいから、しっかり地に足をつけることが大事だと思って、練習をさせていました」

 真名子監督は、ピーターの復活の裏側をこう語る。全日本選考会では、各校のエースが集う4組ではなく、2組に配したのも、ピーターの心理面を考慮してのことだった。

「高校生に負けるようなレベルの選手」は変貌を遂げるか

「彼は去年、全日本選考会、箱根予選会と失敗しているので、彼自身に不安があった。そのなかで4組目を任せるのはちょっと難しいかなと思いました。2組目で気持ちよく走らせて、“走れるんだ”っていうのを彼自身が分かってくれれば、箱根予選会ではもっと上を目指してやれるんじゃないかなと思います」

 真名子監督の下、ピーターは自信を取り戻し、結果に結び付けている。確かに他校の留学生と比べれば、まだまだ力が劣るかもしれないが、これから脅威となってきそうだ。

 ピーターだけではない。5月の関東インカレでは、3000メートル障害で佐竹勇樹(3年)が優勝を飾っている。また、全日本選考会を回避した4年生の主力も控えており、チームの底力はまだまだ計りしれない。

 もちろん、意識改革だけですぐに効果があったわけではない。昨年まで真名子監督が指導していたのは高校生でも、全国トップチームなのだ。大学生とはいえ、一部の主力を除けば「ほとんどが高校生に負けるようなレベルの選手だった」。高校生に勝てるレベルになるまでは、高校生と同じような練習を課し、ある程度実績を残せるようになったら、個性を生かす指導をしていこうと、真名子監督は考えた。

 例えば、負荷の高い練習(ポイント練習)以外のジョグは、これまでであれば各自がフリーで行うことが多かったが、集団で行うようにし、練習の質を上げた。その一方で、近年の高速駅伝に対応できるように、スピードを重視したトレーニングを課してきた。そういった成果が全日本選考会で表れたと言っていい。

 全日本選考会後の挨拶を、真名子監督はこんな言葉で締め括った。

「箱根の予選会も、もちろん本戦もあります。全日本と箱根と、周りから見たら無理だろうと思われるかもしれないけれども、でもお前たちは、3か月でここまで来られたのだから、できないことはない。シード権を獲りにいきましょう、しっかりと。さらに強くなりましょう。頑張りましょう」

 この言葉に勇気付けられた学生は多かったのではないだろうか。一夏を越えた時、このチームはさらに変貌を遂げているかもしれない。

(和田 悟志 / Satoshi Wada)