「ポカリスエット」リターナブル瓶が登場 循環型社会への取り組みの一環 Loopで販売開始

写真拡大

 大塚製薬は6月30日、「ポカリスエット」のリタ―ナブル瓶を開発し7月12日から循環型ショッピングプラットフォームのLoopを利用してイオンとイオンスタイルで販売開始すると発表した。

 大塚グループ全体の循環型社会の実現に向けた取り組みの一環。
 再利用モデルに適した強度、「ポカリスエット」の品質基準をクリアする容器を開発した。

 同商品は、店頭のLoop専用返却ボックスを利用して、使用済みの瓶容器が回収される。回収された瓶容器はその後、洗浄・再充填され再び販売される。

 容量は250ml。メーカー希望小売価格は、デポジット料金70円を含めて税別230円。
 ロゴなどのデザインは瓶に直接印刷してラベルレスとし、キャップは王冠を使用。栓抜きを使って開ける。

 取り扱い開始店舗は、東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・茨城・京都の66店。

「ポカリスエット」リターナブル瓶が登場 循環型社会への取り組みの一環 Loopで販売開始は食品新聞 WEB版(食品新聞社)で公開された投稿です。