“MZ世代の代表”aespa、国連の国際会議へ出席…ポジティブなメッセージとエネルギーを伝える

写真拡大

K-POPガールズグループaespa(エスパ)がUN(国連)が開催する国際会議に参加する。

【写真】「意味がわからない」カリナの“黄金比率ボディ”

aespaは7月5日(現地時間)、アメリカのUNニューヨーク本部総会会議場で開催される「持続可能な開発目標に関するハイレベル政治フォーラム」のオープニングセッションに参加し、グローバルな影響力を再び立証する予定だ。

2016年から始まった今回のフォーラムは国連が最も重要だと考える持続可能な発展に対する最も大きなイベントであり、政府だけでなく女性や障害者、労働者、市民団体、企業など多様な利害関係者が集まり、持続可能な開発目標(以下SDGs)が国別によく守られているかを検討および議論する場であり、ソーシャルディスタンスが定められた2019年以降、初めての対面で行われるため、高い関心が期待される。

(写真=SMエンターテインメント)

この日、aespaは「Next Generation to the Next Level」を主題にしたスピーチはもちろん、ヒット曲『Next Level』のステージも披露し、MZ世代を代表するガールグループとしてポジティブなメッセージとエネルギーを伝える予定で、グローバルな関心を得る見通しだ。

一方、aespaは7月8日13時から2ndミニアルバム『Girls』が公開され、同日韓国とアメリカ同時にアルバムでもリリースする。