エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

写真拡大

投手としての価値は7年総額280億円、打者としては7年274億円

 エンゼルス大谷翔平投手が、今後結ぶ「新契約」はいったいどこまで巨額になるのだろうか。米国で各スポーツの選手契約情報を伝えるサイト「スポットラック」は、投手と野手それぞれの価値を算出。投打二刀流をいつまで続けられるかによって、いくつかのシナリオを提示している。最大で596億円にも及ぶ巨大契約が想定されるという。

 大谷は昨季、打者として46本塁打、投手として9勝という成績を残し、ア・リーグのMVPに輝いた。記事はこの成績が大谷のピークである可能性について「そうである可能性はもちろんある」とする一方で「現代野球において、彼と比較できる選手がいない。彼は独自の道を歩んでいるので、彼の今後5〜8年の価値を評価することはとても難しい」と、大谷の未来を予測する難しさを指摘している。

 まず、投手としての価値を算出している。フルシーズン投げられている昨季と、今季ここまでの数字をもとにしている。合計35試合に投げ、投球回数は198回2/3、防御率は3.08で奪三振は246個だ。

 大型契約を結ぶ直前の2年間に好成績を残したトレバー・バウアー(2019-20)、スティーブン・ストラスバーグ(2018-19)、パトリック・コービン(2017-18)、そしてダルビッシュ有(2016-17)と比べた時に、大谷の数値はほとんどの項目で他の投手より優れており「弱点は、登板数が少ないことと1試合あたりの投球イニング(5.67回)だ」としている。大谷は二刀流を実行するため、登板間隔が大リーグでは標準的な中4日ではないためこれは避けられない。

 比較の上、年齢やここまでの成績を勘案した「投手・大谷翔平」の適正契約は7年総額2億600万ドル(約280億450万円、年平均40億円)と算出している。

 次に、打者としての価値を算出している。ここでも2021年以降、1年半の成績がベースだ。比較されているのはアンソニー・レンドン(2018-19)、ブライス・ハーパー(2017-18)、ジョージ・スプリンガー(2019-20)、ホセ・ラミレス(2020-21)。その上で「打者・大谷翔平」の価値は8年総額2億200万ドル(約274億6000万円、年平均34億3000万円)だとしている。

二刀流をどこまで続けられるかで総額が変動

 大谷の成績は、この2つの「価値」の掛け合わせになる。記事では4つの契約パターンを提示している。

 一つ目は、現在の二刀流の活躍がこのまま永遠に続くという前提に立ち「彼の代理人が提示したい額」だとしている。8年総額4億3760万ドル(約595億9000万円、年平均5470万ドル=約74億4800万円)だ。

 次に、二刀流での活躍は永遠ではないと想定したものだ。今後5年間は現在と同じく“完全な”二刀流を想定している。5年間は投打で100%の価値を維持し、その後3年間は打者として活躍するとした場合、8年総額3億4880万ドル(約475億円、年平均4360万ドル=約59億3700万円)が適正だとしている。

 3つ目は、投手としての大谷が現在の先発から、リリーフでの「パートタイム」の活躍になると想定したものだ。ジョン・スモルツがブレーブス時代の晩年、クローザーに転向した例を挙げている。今後5年間はフルタイムの投手として年間2950万ドル(約40億円)の価値、その後3年間はリリーフとして年間730万ドル(約9億9400万円)。さらに打者としては100%の価値を8年間維持すると8年総額で3億7150万ドル(約505億8900万円、年平均4640万ドル=約63億1800万円)が適正だとしている。

4つ目は全盛期に焦点を当てた短期契約で、1年間の平均金額を押し上げられるのが利点だという。この場合3年なら総額1億8000万ドル(年平均6000万ドル=約81億7000万円)、5年なら総額2億8500万ドル(年平均5700万ドル=77億6200万)が予想される。

 今季メジャーリーグの最高年俸は、メッツのマックス・シャーザー投手で4333万ドル(約59億円)。2位は大谷のチームメートにあたるマイク・トラウトで3711万ドル(約50億5000万円)、3位も同じくレンドンで3657万ドル(49億7900万円)だ。投打の働きを勘案すれば、彼らをはるかに上回る価値があると算出された大谷。新契約の行方は、否が応でも注目を集める。(Full-Count編集部)