松村が天皇杯の大宮戦で負傷。全治には1か月以上かかる見通しだ。写真:徳原隆元

写真拡大

 鹿島アントラーズは6月28日、MF松村優太の負傷を発表した。

 同22日に行なわれた天皇杯3回戦の大宮アルディージャ戦で負傷。右大腿四頭筋損傷と診断され、全治は約6週間かかる見込みだ。

 高卒3年目の松村は今季ここまでリーグ戦で8試合に出場し1得点。12節・サンフレッチェ広島以降はしばらく公式戦から遠ざかり、大宮戦では途中出場から久々にピッチに立ったが、怪我によって再び、戦列を離れることになってしまった。
 
 この一報にクラブの公式ツイッターには「これは痛いなー」「痛いがシーズン終盤戦で必ず貴重な戦力になる」「頑張れマツ」「早く戻ってきてほしいけど、しっかり治してほしい」「皆マツを待ってまつ」「1日でも早い復帰待ってる」といった声が上がった。

 鹿島はリーグ戦で18試合を消化し、10勝4分4敗の勝点34で2位につけている。次節は7月2日にアウェーで柏レイソルと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】チームの歴史が一目でわかる!鹿島アントラーズの「歴代集合写真」を一挙紹介!