日本代表の堂安がSNSを更新。ビッグスター・明石家さんま氏との貴重ショットを公開した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

写真拡大

 6月27日、オランダリーグのPSVに所属する日本代表MF堂安律が自身のインスタグラムを更新。“お笑い怪獣”こと芸能界の大御所・明石家さんま氏とともに食事したことを報告した。

「先日ですがさんまさんと食事に行かせてもらいました。お勧めされた漁港の肉子ちゃん見させて頂きます!」と綴り、さんま氏と堂安、他のメンバーらと楽しそうに食卓を囲む写真をアップロードした。

 この投稿には「メチャクチャうらやましいです」「このメンツすげ〜」「すんごい楽しそう」「オフ満喫ですね」「貴重すぎます!!」「さんまさんんん!」「すごい!」などの反響があった。
 
 また、さんま氏はイングランドの強豪マンチェスター・シティのエンブレムがプリントされたマスクを手に持っており、「さんまさんが持っとるマスク…これは伏線かああ??」などビッグクラブへの移籍を期待するコメントも寄せられた。

 堂安は昨夏にPSVに復帰し、リーグ戦24試合に出場して8ゴールを記録。国内カップのタイトル獲得にも貢献した。充実のオフでリフレッシュし、来季の活躍にも期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連画像】「このメンツすげ〜」堂安律が明石家さんま氏とのレアショットを投稿し話題!「メチャクチャうらやましい」