文=松原孝臣 写真=積紫乃

2021年4月に大阪で行われた世界国別対抗戦でのスピーカーの配置の様子 写真提供=(株)ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

フィギュアスケートに欠かせない「音楽」

 フィギュアスケートに欠かせないものに、音楽がある。試合やアイスショーで選手が演技をしている最中、当たり前のように曲が流れている。でもそれは、決して当たり前ではない。(株)ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスの音響プロデューサー重田克美の話はそう感じさせた。

 ヤマハとフィギュアスケートのかかわりは長い。1985年に東京・代々木体育館で行われた世界選手権で音響業務を担当。以降、NHK杯や全日本選手権、さらには日本で開催される世界選手権やグランプリファイナルなども含め、国内のほとんどの大会を担当している。また、数々のアイスショーも手がけ、「ファンタジー・オン・アイス」もその1つに数えられる。

「前提としていただきたいのは、私は何も特殊な人間ではなく、チームとして支えていく中の統括です。先代、先々代がいて今の担当者として私がいます」

 そう語る重田は、2009年のNHK杯から携わり、ひととおりスタッフ業務を経験したあと、2014年から全体を見渡す役割に就いた。

 重田はフィギュアスケートとヤマハとの歴史、音響がなす役割、現在手掛けているファンタジー・オン・アイス、記憶に残るスケーターの姿など多岐に触れた。

 

すべての曲を「数字」であつかう

 まずは、大会やアイスショーでの工程について語る。

「会場が決まり、会場に対しての観客席、仮設スタンドが作られるケースもありますよね、さらにリンクの位置が決まります。そこからトラスに何本吊るか、どこにスピーカーを設置するのかの設計図が作られます。トラスにはエキシビションやアイスショーのためのライトも付けられることになります。会場内の音響状態がどうなるかをシミュレーションしながらスピーカーの配置を決定します」

 会場ごとに広さや天井の高さは異なり、それによって音の響きも異なってくる。それを踏まえてシミュレーションは行われる。

 安全の配慮も欠かせない。一方向分のスピーカーひとかたまりの部分だけでも重量は約300kgにもなるという。ふだん試合やアイスショーを観ているときに意識することはあまりないが、それだけの重量物がリンクのはるか上にあることを意味している。

「万が一に備えて二重吊りしますが、万が一もないよう、細心の注意を払います。ケーブルなどの束ね用のビニールテープの巻き方にも、あるルールがあります。テープの一片がリンクに落ちただけでも事故につながりかねません」

 細心の注意を払うのは、スピーカーの設置だけではない。曲を間違えることなく流すための準備もそうだ。

「ショーだと比較的前もって音楽をいただきますが、試合は出場選手登録の日に持ち込まれます。NHK杯なら80曲ほど、世界選手権は約300曲になります」

 つまり試合が始まるまでそれほど猶予のないタイミングになる。しかもただ受け取っただけでは済まない。

「音楽ファイルを書き換えなければなりません。再生機のシステム上、ロシア語や日本語の漢字のように2バイトの文字で曲名が書かれていればそのままでは使用できないのです」

 書き換えてしまえばファイル名からはもとの曲が分からなくなって、曲を取り違えるリスクもある。そのため、すべてを数字で取り扱うようにしている。

2014年世界選手権アイスダンスの練習スケジュール表。各カップルの曲すべてに番号が振られている

 上の写真は2014年世界選手権アイスダンスの練習のスケジュール表だ。手書きで数字が振られている。

「どう管理しているのかの一端ですが、すべての曲に番号を振ります。スタッフ間で曲名やスケーターの名前で伝えることもありません。聞き間違えなどが生じるのを避けるためです」

 

曲が流れていてもリアルタイムで音量を調整

 再生機にすべての音源を取り込み準備が整う。あとは実際に曲を流してチェックすることになる。

「音響の確認は設営日と公式練習で行い、調整していきます」

 リンクサイドには2名のスタッフが着く。1人はミキサー、1人は再生機オペレーターだ。

2021年4月に大阪で行われた世界国別対抗戦時のオペレーター席。奥側がミキサー席、手前が再生機オペレーター席。1番ジャッジの真後ろに位置している

 ミキサーは音量調整を担う。

「大会は競技ですから、不公平があってはいけません。ただ音響に関しては、物理的には一律に同じ音量ではありません。それよりも感覚的な不公平がないようにしなければなりません」

 それは曲によって場内での響き方が異なるからだという。そのため、一律に同じにしていると、ある曲は場内に小さく、ある曲はより大きく響くことになりかねない。

「曲が流れている中でもリアルタイムに音量を調整します。例えばボーカル曲だとイントロが小さくてボーカルでいきなり大きくなるものもあります。また、ジャンプで歓声が上がったとき、音量を変えないままだと選手に曲が届かなくなるので音量を上げます。『これくらい歓声と拍手が沸くだろう』と予測して待っていなければなりません。その調整は経験値ですね」

 ちなみに選手から提出される音源のデータ形式は、MP3、WAVなどさまざまな種類があるが、特に定めはないという。

「上位選手はハイスペックなものを提出することが多いですね。クオリティの問題があるので、こちらからアドバイスをすることもあるのですが、世界的なとりまとめが必要なのでデータの形式をルールで定めるといったことはなかなか進んでいません」

 再生機オペレーターは正しい曲を正しくセットしスタートボタンを押す。

「大会の場合は決まりがあって、競技進行の係のキューに従って曲を出します。キューを出すのは選手が姿勢をとって3秒の静止の後と決まっています。3秒というのは、テレビの画面で選手の表情がアップになるくらいの時間です。そう決まっているからといって、機械的に曲をスタートさせるわけにはいきません。選手の息遣いを見て、準備が整っているかどうかを確認しています」

2014シーズンの「ファンタジー・オン・アイス」以降、すべての音楽をスタートさせたスイッチ。軽いスイッチだと間違えて押すことを懸念ししっかり押し込めるボタンを今日まで継続して使用している

 話の端々に感じられるのは、どこまでも神経を遣い、慎重に取り組む姿勢だ。

 そこにはかつて味わった苦い思いと、音楽に携わる中で培った土台があった。(つづく)

 

重田克美(しげたかつみ)
音響プロデューサー。1987年、(財)ヤマハ音楽振興会開発部スタジオアシスタントとしてキャリアのスタートを切る。以降、録音スタジオをホームグラウンドに音楽録音エンジニアとして活動。2009年、仕事の軸をPA中心の音響業務へ移す(2017年、(株)ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスに事業吸収)。フィギュアスケートのほかバレーボールのVリーグ、7人制ラグビー、トライアスロンなどの会場音響設計に携わる。

筆者:松原 孝臣