「シン・ウルトラマン」のウルトラマン 撮影/乃至政彦

(歴史家:乃至政彦)

※今回の記事は「シン・ウルトラマン」のネタバレが前提です。映画をご覧になっていない方は読み進めるのをご遠慮ください。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ウルトラマンの初代とシン

 昭和時代のテレビ番組である初代「ウルトラマン」(1966〜67。以後「初代」または「初代マン」と略す)と令和の新作映画「シン・ウルトラマン」(2022。以後「シン」と略す)には、多くの相違点と共通点が入り混じっている。シンを見ていて面白いと思ったシーンのひとつは、初代マンが苦戦した強敵と決戦する時、初代マンが強敵の放つ火球を回避していたのに対し、シンの方はちっとも避けようとしなかったところだ。それどころか全弾を自身の肉体で受け止めようとすらしている。

 初代の背後には無人のビルが一棟あるだけだったが、シンの場合は背後に無数の人間がいて、これを守る必要があった。これが回避の有無をわけたのだろう。だからシンは満身創痍になろうとも、構うことなく我が身で受け止めようとした。

 ここで少し話は変わる。

 歴史史料の話で「一次史料」と「二次史料」なる用語を見かけることがあると思う。多くの方は、その意味をなんとなく理解しておられることと思う。簡単に説明すると、一次史料は同時代の文献で、二次史料はそれより後に作られた別時代の文献のことである。

 研究界では、二次史料を避けて一次史料だけで研究するべきだと言う学者もいる。主張はわからなくもないが、そういう研究だけを主流として、二次史料を読み込む研究者を異端視するのは、好ましいことだと思えない。

 これがどういうことか、ウルトラマンで説明することにしよう。

ウルトラシリーズとウルトラマン

 ウルトラマンより前に「ウルトラQ」(1969。以後「Q」と略す)というテレビ番組が放送されていた。

 子供向けとして作られた初代マンに対し、Qはいささか大人向けのリアル路線で(もちろん子供向けの作品も複数作られている)、小気味よいSF短編小説を読んだかのような視聴感覚を与えてくれる作品が多い。

 初代マンはQ的な世界に、巨大宇宙人ヒーローと言う前例のない主人公を登場させた。そうすることでバラエティ豊かな怪獣と宇宙人が毎回現れて、目一杯派手なアクションを展開する様式が生み出された。

 どちらも同種の怪獣や宇宙人がいくつか登場するものの、両者の世界観は微妙にズレているようである。それもそのはず、Qを作り始めた時は、初代マンを作る予定など考えていなかっただろうから、次回作に連なる布石を仕込んだりなどしていなかった。

 デザインがそっくりなのに設定がまるで違うQのガラモンと、初代マンのピグモンが同じ世界にいるのは無理がある。Qのセミ人間と初代マンのバルタン星人が、両者とも同じ顔面を持つのも不可思議である。それにQに登場するゴメス(身長10M)やゴーガ(身長20M)は身の丈が小さすぎて、初代マン(身長40M)と向き合うのは絵的に見て不適切である。

 また、「育てよ!カメ」「クモ男爵」「地底超特急西へ」のような特殊な作風は初代マンと絡みづらい。なによりQの世界で「科特隊」らしき存在が影も形も見せることなく、官民の人々が現実的な技術で悪戦苦闘しているのもおかしな話である。そういうところを考えていくと、やはり両者の世界観が共通しているとは考えにくいのである。

 とはいえ、初代マンでは何の説明もなく、Qに出てきた怪獣や宇宙人が周知されている描写もある(ラゴン、ケムール人)。この辺り、はっきり言って“とても緩い”のだ。初代マンの世界はQの世界を踏襲するところと、わざと切り捨てたところがある。ここは視聴者が空想で自由に接続したり、切り離したりして、好きに楽しむべきなのだろう。

 だからQと初代を見る時は、独立する作品世界として鑑賞してもいいし、連続する作品世界として楽しんでもいい。こういうところも含めて「空想科学シリーズ」なのだ。

 ところでQと初代の関係よりももっと面倒な問題がある。初代マンとその後のウルトラシリーズの関係である。

昭和のウルトラシリーズ

 Qと初代マンまでの関係問題は、まだ一回の表だ。

 昭和のウルトラシリーズは、初代マンの後、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンA、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオが同じ世界に連続する設定となっている(ただしセブンはやや例外)。特に「ウルトラ兄弟」の概念は、シリーズが増えるたびにその意味が変わっていて、ゾフィからAまでを総称して「ウルトラ5兄弟」、タロウまで含めて「ウルトラ6兄弟」と呼ばれていたが、加えて作られたレオとアストラも入れて「8兄弟」になったり、その後さらなる後付けで、兄弟ではなく、称号であるようにされたりすることもある。

 しかも人間の怪獣対策チームはいつも別設定で作り直されており、以前にあったチームはなかったことにされている。そしてその理由は作中で何も説明されないのだ(毎回そこに必ずM78星雲の宇宙人が潜んでいるのもよくわからない)。子供時代にこの謎を考察して、“おもちゃセールスの問題”という大人の事情に思い至り、「・・・わかった、この話はやめよう。ハイやめやめ!!」と途中で放り投げるファンも多かったのではなかろうか。だが、それでいい。とりあえず追及を保留することにして、純粋に空想世界を楽しむのもウルトラファンとしてはアリだからだ。

 こうした前提をもとに、初代マンの最終回を振り返ってみよう。

ゼットンに勝利した人類

 初代の最終回で、ウルトラマンはゼットン相手にまるで歯が立たず、完全に敗北して、戦死してしまう。これを見た怪獣対策チームの「科特隊」は、試作品の「無重力弾」(通称ペンシル爆弾)を取り出すと、ゼットンに向けて狙撃する。命中するなりゼットンは空中に飛ばされた後、一瞬で爆散してしまった。映像を見る限り、飛び散った肉片は軽量で、建築物どころか人間にぶつかっても無害そうであった。この新兵器にはそれほどまで細かく砕けさせる威力があったのだ。

 無重力弾は、人間が単身で扱える簡単便利さに加えて、怪獣のあとしまつ問題をも回避する安心安全な新兵器だったのである。こうして科特隊は作中最強の怪獣に、完全勝利を果たしたのである。

 これは不意に現れたご都合主義の兵器ではあるまい。現にそれまでの科特隊は、マルス133(スペシウム光線並の威力あり)、スパイダーショット(小型原子炉内蔵の銃器)、スパーク8(巨大怪獣を粉砕可能な軽量の銃器)など、一撃で怪獣を退治できる強力な兵器の開発を着々と進め、実用していた。してみると無重力弾は必然の発明だったと言えるだろう。

 冷静に考えてみると、これは途方もないことだ。

 ゼットンを倒せるくらいなら、当然Qと初代に出てくる怪獣はどれも一瞬で爆死させられるはずである。無敵のペギラもゴモラも瞬殺間違いなしだ。

 人類はウルトラマン無くして勝てなかった怪獣たちを、葬りさる力を手に入れたのだ。これならもう安心である。だからこそ最後のナレーションも「ウルトラマンありがとう、ウルトラマンさようなら」と晴れやかな声で締め括っているのだろう。

シリーズ化によりリセットされた設定

 だが、以降のウルトラシリーズでは、また新たな怪獣(あるいは宇宙人)対策チームが登場して、彼らは初代マン放送時のように怪獣や宇宙人相手に、苦戦を強いられている。

 これはちょっと理解しがたい。無重力弾を開発した岩本博士が考えを変えて新兵器を封印し、自殺でもしてしまったのだろうか。まことに不思議である。

 初代原理主義者である私は、これをもって初代マンとその後のシリーズを別物として解釈するようにしている。あったとしても多元宇宙の異世界で、本来の初代マン最終回から展開されるルートから外れた世界線だと思うことにしている。私にとって初代マンのラストは、その後のシリーズと接続できない人類の分岐点なのだ。

 本来の製作者の意図を考えると、初代マンのラストはそういうものだったはずである。ウルトラマンは死んでしまうが、ゾフィが新たな命を与えて無事に復活させた。ウルトラマンは「地球の平和は、人間の手でつかみとることに価値がある」というゾフィの言葉に納得して、光の国へ帰ってしまう。これはゼットンを退治した人間の実力を認めたからであろう。

 つまりウルトラマンとは、人類の科学が発展途上にあるほんのわずかな時期にのみ、たまたま奇跡的に地球に滞在して人類を支えた一個の宇宙人に過ぎない。

 だから、初代マンはあの最終回で「完」としていい作品なのである。もしその設定を踏まえて続編を作ろうとするならば、Qみたく怪獣に振り回される市民や、初代マンみたく正義の味方を頼りにする戦闘隊員のドラマではなく、害虫駆除のように怪獣を駆逐し、さらには宇宙進出を果たして、星々を探検する新たな人類の物語となったかもしれない。もちろん、それではウルトラシリーズとなりえない。

 そこでウルトラシリーズは「そうは問屋が卸さない」とばかりに、怪獣対策チームをリセットすることで過去作との繋がりを曖昧化させ、正義と平和のヒーロー物語を再構成していく。一見でたらめなご都合主義に思えるかもしれないが、そうではない。この手法は、初代マンの世界観との連続性よりも、その理念部分を強化して継承したものであるから、正当な続編と認められるのである。

 だが、私は初代マンの最終回(および初代マンの全作)を見る時だけは、その後のウルトラシリーズに繋がらないストーリーとして鑑賞することにしている。そうする方が好きだからだ。

 要するに、それはそれ、あれはあれ──なのである。こうした初代マンとその後のウルトラシリーズの関係は歴史用語でいう一次史料と二次史料の関係に似ている。

史料から見える事実と物語

 一次史料というのは、その当時の文書や日記などを指す。これらは歴史というものを特に意識せずに書かれており、情報操作の作為が少ない。文献史学ではこれらをベースにその時代の研究を進めていく。ここで言うならQや初代マンがどういう世界であるかを理解するのに、その後のウルトラシリーズではなく、その作品そのものだけを情報源とするのである。

 だから、文献史学の方法だと、初代マンを考察するのに、ウルトラ兄弟という後から作られた設定はないものとする。ゾフィもウルトラマンの兄ではなく、あくまでM78星雲の宇宙警備隊員の1人なのだ。

 そしてその後のシリーズだが、これらはそれぞれ独立して、初代マンと連続してはいるものの、その作品より前の作品への言及や説明があれば、その部分は二次史料になるのである。二次史料というのは、後から書かれた昔話であり、日本の戦国文献で言うと、江戸時代に書かれた軍記や系図などが該当する。どれも歴史を伝えることを目的としているので、後付けの作り話が介入することが多い。

 かつて戦国時代の研究は、この二次史料を中心に進められてきた。端的に言うと、一次史料だけだと、昭和頃には、戦国の文献発掘がそれほど進んでおらず、情報が少なすぎて何も語れなかったからである。

 だから、歴史学の通説は今と昔で大きく違ってしまっている。新しい説が常に正しいとは言えないが、一次史料をベースにした事実(そうでないこともある)と、二次史料をベースにした物語(そうでないこともある)とで内容が変わってしまうのだ。

例えば、惟任光秀と明智光秀

 戦国時代の例を出そう。

 大河ドラマの主人公になった人物に「明智光秀」という武将がいる。天正3年(1575)、織田信長は光秀に「惟任(これとう。維任)」の苗字と「日向守」の官名を授けた。以後、光秀は「惟任光秀」と公称されており、天正10年(1582)に土民に殺害されるまで「明智光秀」とは名乗らなかった。

 だから、この間の光秀は明智光秀ではなく、惟任光秀と呼ぶべきである(同様に「明智日向守」という名乗りもありえない。明智時代はこの官名を与えられていないからである)。これは、晩年の上杉謙信を長尾景虎と呼ばない、中年以降の徳川家康を松平元康と呼ばないのと同じである。

 ただ、江戸時代の二次史料では、「惟任光秀」と呼ぶ例がほとんどなく、いずれも「明智光秀」と書き通している。それで多くの人が“光秀は死ぬまで明智光秀と呼ばれていた”と思い込むようになったのだ。

 ちなみに年次不明の古文書に「明智日向守」と署名されているものがあって、専門家は本文に怪しげなところがあるのでこれを「要検討」としていたが、こうした経緯を知っていると、これが江戸時代になって作られた偽文書であることがわかる。

 だから、二次史料は読まずに一次史料だけを読めと言う歴史学者がいるのも理解できなくはない。ただ、それでも私は二次史料も読んでおくべきだと考えている。

 その理由は、二次史料で「明智」表記が定着しているのはなぜかという疑問が新たな考察を生むからである。実のところ戦国時代の史料を見ると、本能寺の変が起きてすぐに多くの人物が「明智」表記を使い始めている。例えば、これから仇討ちに向かわんとする羽柴秀吉も「明智」呼びを使っているし、誰もが惟任呼びを無かったかのように「明智」表記を通しており、しかもこれが短期間のうちに定着している。

 そこから想像できるのは、信長生前の光秀がかなり嫌われていて、陰では「信長さまから惟任なんてたいそうな呼び名を与えられたが、つまるところ足軽あがりの明智だろうが」と認識されていただろうことである。実際、同時代の宣教師も「彼(光秀)は諸人から嫌われ」ていたと証言している(『十六・七世紀イエズス会日本報告集』)。

 また、光秀は信長の機嫌を取るのが得意で、信長も光秀が気に入っており「あなたの手紙はこの目で見るようにわかりやすい」「(近年の武功まことに)比類なし」「天下の面目を施した」と事あるごとに絶賛している。これらから、光秀を信長が寵愛するのを気に入らない人がたくさんいたことを想像できる。

 こうした推量は二次史料の知識(江戸時代に「明智」表記が定着していた事実)があるから可能となることである。このように二次史料も、該当する時代の空気を考える上で有用なのである。

事実と物語と真実が開く未来

 初代の後、無重力弾という最終回の設定を脇に置いて、その根本理念に基づくウルトラシリーズが作られ続けているのも、初代で描かれた正義のヒーローを愛する視聴者心理があればこそで、ここから初代マンがどのように受容されていたかが読み取れる。シリーズを通して再生産される物語に、事実ではない真実が証明されているのである。

 樋口真嗣・庵野秀明の「シン・ウルトラマン」は、令和の世に初代マンを再構築したが、随所からシリーズ各作への愛を感じ取れる。

 歴史研究においても新たな歴史を紐解くため、一次史料だけでなく、二次史料や先行研究へのリスペクトを忘れずに各種文献へと接していくことを心掛けていきたい。

 

【乃至政彦】歴史家。1974年生まれ。高松市出身、相模原市在住。著書に『謙信越山』(JBpress)『平将門と天慶の乱』『戦国の陣形』(講談社現代新書)、『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』(河出書房新社)など。書籍監修や講演でも活動中。昨年10月より新シリーズ『謙信と信長』や、戦国時代の文献や軍記をどのように読み解いているかを紹介するコンテンツ企画『歴史ノ部屋』を始めた。

【歴史ノ部屋】※無料トライアル実施中!
https://www.synchronous.jp/ud/content/613ae89077656127a1000000

筆者:乃至 政彦