セルビア戦に続き、フィンランド戦も先発した清水。遠藤のチーム2点目をアシストするなど、持ち前の攻撃センスを発揮して勝利に貢献した。(C)Getty Images

写真拡大

 2試合が組まれた欧州遠征で、日本女子代表は現地時間6月27日、フィンランドで行なわれた国際親善試合でフィンランド女子代表と対戦し、5−1で勝利した。

 3日前にセルビアで行なわれたセルビア女子代表戦は5−0で圧勝した日本は、この試合から先発メンバーを6人入れ替え。GKは山下杏也加、4バックは清水梨紗、高橋はな、熊谷紗希、三宅史織、ダブルボランチは長野風花、三浦成美、両サイドは宮澤ひなた、遠藤純、2トップは菅澤優衣香、田中美南というラインナップに。山下、清水、熊谷、長野、田中がセルビア戦に続き、先発に名を連ねた。

 立ち上がりの日本は、奪ってから縦に早く仕掛ける相手にシュートを打たれる場面を作られるも、フィニッシュの精度が低く、大事には至らない。

 日本も持ち前のパスワークを活かしながら攻撃を仕掛けていくなかで、13分に先制に成功。遠藤の鋭いクロスが相手のオウンゴールを誘い、リードを奪う。

 だがその5分後、同点に追いつかれる。カウンターからアデリナに左サイドを突破され、そのままドリブルで持ち込まれて低い弾道のシュートを決められる。

 タイスコアとなり、日本は勝ち越し点を狙いに行くが、フィンランドの組織的かつタイトな守備の前に、なかなか攻撃のテンポを上げることができない。それでも35分、38分に遠藤がシュートに持ち込めば、その後もセットプレーから好機を演出。ただ、いずれも決め切ることはできない。前半の終了間際には、お互いに相手ゴール前に迫るなど激しくやり合うが、ゴールは割れず。試合は1−1で折り返す。
 
 迎えた後半、さっそく日本が2点目を挙げる。47分、途中出場の長谷川唯を起点に、右サイドをオーバーラップした清水のクロスから遠藤が抑えのきいたシュートを突き刺す。

 さらに58分、3点目をゲット。右CKのチャンスで高橋が押し込む。高橋にとってはこれが嬉しい代表初ゴールに。

 74分には、セットプレーの流れから植木理子が鮮やかなボレーシュートを叩き込む。終盤には長谷川がPKでとどめの5点目。後半は圧倒的な攻撃力を示した日本は、フィンランドの反撃をしっかりと抑え込み、危なげなく試合を終わらせた。

 2試合が組まれた6月シリーズで、敵地でセルビア、フィンランドに連勝の日本。2戦合計で10得点・1失点と攻守両面で充実の戦いぶりを見せるなど、確かな収穫を得ることができた欧州遠征となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】清水梨紗、塩越柚歩、仲田歩夢!試合に華を添える注目の”WEリーガー”を厳選!