@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

スズキ開発SUVをトヨタが生産

トヨタとスズキは、2017年に業務提携に向けた覚書を締結し、トヨタが持つ強みである電動化技術とスズキが持つ強みである小型車技術を持ち寄り、生産領域や電動車の普及等での協業に取り組んでいる。

【画像】日本国内では競合も【人気のソリオとルーミーを比べる】 全79枚

業務提携に基づく協業の1つとしてグローバルでの車両のOEM相互供給を進める中、今回、スズキが開発する新型SUVを初めてトヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)にて8月より生産を開始することが決まった。


インドのマルチ・スズキが現地で販売するモデル    スズキ

インド国内のマルチ・スズキ・インディア、TKMでそれぞれスズキ、トヨタのモデルを販売する。

また、両社ともに、アフリカを含めたインド国外への輸出も計画しているという。

インド発売の両モデルには、スズキ・トヨタそれぞれの開発した技術として「マイルドハイブリッド」、「ストロングハイブリッド」がパワートレインとして搭載される。

協業を通じて、トヨタ・スズキの強みを持ち寄ることで、幅広い電動化技術を提供することが可能となる。

トヨタとスズキはインドにおける協業拡大への投資も含め、インド政府が掲げる製造業振興策である「Make in India」を継続的に支援することにより持続的な経済成長に寄与するとともに、2070年までに温室効果ガス(GHG)排出ネットゼロ達成ビジョンに貢献する。