文=鷹橋 忍

建長寺 写真=PIXTA

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

血みどろの抗争の時代へ

 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』も放映から半年が過ぎ、後半に突入する。

 今や影を纏ったダークサイドの人間となった北条義時だが、後半ではどのような人生を歩むのだろうか。

 まず、義時の運命を大きく変えた源頼朝が、建久10年(1199 4月に正治に改元)正月、53歳(数え年)で急死する。義時37歳のときのことである。

 鎌倉殿の地位は、18歳の頼朝の嫡子・源頼家が引き継いだ(征夷大将軍となるのは、3年後の建仁2年(1202)7月)。

 同年4月、有力御家人13人による、いわゆる「十三人の合議制」が発足。義時も父・北条時政とともにメンバーに選ばれた。

 以後、御家人たちは壮絶な権力抗争を始め、次々と滅び去っていく。義時も陰謀と殺戮の渦に巻き込まれ、その手を血に染めていくのである。

 

父・時政を追放 

 まず、同年十月に中村獅童演じる梶原景時が66人の御家人の弾劾を受けて失脚し、翌正治2年(1200)年正月、駿河国清見関(静岡市清水区)で、一族もろとも滅ぼされている。

『鎌倉殿の13人』源頼朝の「懐刀」梶原景時の生涯と失脚の謎

 建仁3年(1203)9月には、佐藤二朗演じる比企能員、および比企一族が、北条時政に滅ぼされた(比企氏の乱)。

『鎌倉殿の13人』北条氏最大のライバル・比企能員の生涯と一族の運命

 その後、源頼家は伊豆国修善寺に幽閉され、頼家の弟・実朝(頼朝の次子)が三代将軍の座についた。時政は実朝の外祖父として権力を握り、栗原英雄演じる大江広元と並んで、政所別当に就任した。

『鎌倉殿の13人』大江広元はどんな人?頼朝の知恵袋として幕府を支えた官人

 元久2年(1205)6月には、中川大志演じる畠山重忠が、時政と牧の方の陰謀により謀反の疑いをかけられ、義時を大将とする幕府の大軍に滅ぼされている(畠山重忠の乱)。

『鎌倉殿の13人』鎌倉武士の鑑と称された畠山重忠の生涯と二俣川の戦い

 同年閏7月には、時政が愛妻・牧の方とともに、実朝に代えて娘婿の平賀朝雅を将軍に擁立する陰謀を企てたが、義時と政子に阻止された。時政と牧の方は出家して伊豆に下っている。

『鎌倉殿の13人』北条時政はどんな人?命運を握る妻・牧の方(りく)との生涯

『吾妻鏡』では、時政が自主的に鎌倉を後にしたような印象を受けるが、呉座勇一氏は、実際には義時が、力尽くで追放・幽閉したのだろうと述べている(『頼朝と義時』)。

 この「牧氏の変」と呼ばれる事件ののち、義時は時政に代わって政所別当に就任し、将軍実朝を支え、御家人筆頭として、幕政を運営する体制が敷かれた。

 ついに、義時の時代が訪れたのだ。

 ところが、これで終わりではなかった。

 鎌倉時代の僧・無住が著した仏教説話集『雑談集』において、義時の「生涯、三度の難」とされた乱が、義時に襲いかかる。

 【ネタバレあり】義時「生涯、三度の難」

(1)和田合戦

 義時の「生涯、三度の難」の始まりは、建暦3年(1213 12月に建保と改元)5月に勃発した和田合戦である。

 横田栄司演じる侍所別当・和田義盛は、彼の子息や甥が謀反計画に関与したとされ、義時から厳しい処分を下された。これらのことから、義盛は北条義時との対立を深め、義時打倒の兵を挙げた。

 二日間にわたって大激戦が繰り広げられ、和田義盛は健闘空しく一族ともに討死した。

 三度の難の一つをからくも勝ち抜いた義時は、政所別当にくわえ、義盛に代わって侍所別当にも就任した。義時、51歳のときのことである。政所別当と侍所別当を兼ねる――これが執権であるという(鈴木由美『中先代の乱』)。

『鎌倉殿の13人』侍所別当・和田義盛の生涯と巴御前との行方

 

(2)実朝暗殺

源実朝

 二つ目の難は、三代将軍・源実朝の暗殺である。

 建保7年(1219年4月に承久に改元)正月27日、鶴岡八幡宮での拝礼を終えた実朝が、突如、甥(兄・頼朝の遺児)の公暁に殺害されるという、前代未聞のショッキングな事件が起きた。

 このとき実朝の近臣・源仲章も殺されているが、実は公暁が狙っていたのは義時だったという。

『吾妻鏡』によれば、義時は事件の当日、実朝の御剣役(将軍の側近くで剣を捧げ持つ役)を務める予定であり、公暁はそれを知っていた。

 ところが、義時は急に心神が乱れたため、御剣役を源仲章に譲り、自邸に戻ってしまう。公暁はそれを知らず、仲章を義時と見誤って殺害したのだという。

 あまりに出来過ぎた話であるが、真実ならば大変な強運だ。

 この実朝の暗殺事件の真相はあきらかでなく、義時が黒幕であるともいわれる。

 いずれにせよ、義時は二つ目の難も、無事に乗り越えたのだ。

 (3)承久の乱

 実朝には跡継ぎがいなかったため、源氏将軍は三代で途絶えた。

 幕府は朝廷と交渉し、天皇家に次ぐ権威をもつ摂関家から九条道家の子・三寅(後の頼経)を四代将軍の候補者として、鎌倉に迎えた。

 鎌倉下向当時、三寅は僅か2歳であったため、三寅が幼少の間は政子が幕政を主導することとなった。政子が征夷大将軍に就任した事実はないが、いわゆる「尼将軍」でああり、実質的な鎌倉殿であった。政務全般は、義時が取り仕切った。

 しかし、後鳥羽上皇と良好な関係を築いていた実朝が暗殺されて以降、幕府と朝廷の関係は悪化の一途を辿っていった。

 そして、実朝の暗殺から二年後の、承久3年(1221)5月15日、後鳥羽上皇は北条義時追討の命令を発する。義時は「朝敵」となったのだ。義時の三度の難の最後のひとつ、承久の乱の幕が開けた。

 この未曾有の危機に際して、鎌倉の御家人たちは、尼将軍・政子による有名な演説で心を一つにしたといわれる。

 5月22日、まず坂口健太郎演じる義時の嫡子・北条泰時が僅か18騎を率いて出陣し、後を追って軍勢が次々と鎌倉を発った。幕府軍は各地で朝廷の軍勢を破り、6月15日に京都を制圧、義時追討の命は撤回された。

 上皇に味方したの武士や貴族の所領は没収され、後鳥羽をはじめ三人の上皇が配流となった。義時は最後にして最大の難も、大勝利で飾ったのだ。

突然の死

 承久の乱後も、政子と義時が幕政を主導した。

 義時は鎌倉で政務に謀殺されていたが、貞応3年(1224)6月12日に発病し、翌朝に急死した。享年62、血で血を洗う抗争を勝ち抜き、北条氏の支配および、武家政権の礎を築き上げた、波乱に満ちた人生であった。

 義時の急死は「伊賀氏の変」という新たな陰謀事件を呼び寄せるのだが、それはまた、機会があれば、ご紹介しよう。

北条義時ゆかりの地

●北江間横穴群(大師山横穴群)

北江間横穴群

 静岡県伊豆の国市北江間にある、国指定史跡の横穴群。7世紀末から8世紀前半に造られた。10基の横穴からなる「大師山横穴群」と、40基以上からなる「大北横穴群」で構成されている。

 伝説によれば、このうち西側の大師山横穴群に、北条義時が経を納めたという。

 

●豆塚神社

豆塚神社

 北条義時が再建したとされる神社。

 梁銘(はりめい)という神社の由緒が書かれた江戸時代の板銘に、義時が小池堀丸山(伊豆中央道江間料金所の付近とされる)から、現在、神社が佇む伊豆の国市北江間に移したことが記されている。

 承久の乱で勝利した義時がこの神社を崇敬したと伝わることから、「必勝祈願」「心願達成」の御神徳があるという。

 

●北条義時館跡(江間公園)

北条義時館跡(江間公園)

 義時が、青年時代を過ごしたと伝わる居館跡。現在は、江間公園として整備されている。

 明治時代刊行の伊豆の地誌『増訂豆州志稿』に「北条義時の宅址は、江間村町屋にあり、今尋常小学校の敷地となる」というが記述あり、同校の跡地である江間公園に義時の館があったと推定されている。園内の一角には、「北條義時屋敷跡」と刻まれた石碑が静かに佇み、若き日の義時の足跡を伝えている。

筆者:鷹橋 忍