もしかして、私...。【蛙化現象】の特徴と対処法を解説!

写真拡大

付き合う前までは相手のことを王子様のように素敵に感じていたのに、いざ両想いになると、相手が蛙になったかのように気持ち悪く感じることを、俗に《蛙化現象》と呼びます。

蛙化現象でなかなか恋ができないと思い悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、蛙化現象の特徴や対処法についてご紹介していきます。ぜひチェックしてみてくださいね。

■特徴1:こちらから好きになったのにすぐふってしまう

蛙化現象にかかっている女性は、付き合う前までは相手の男性のことをまるで王子様のように捉え、恋愛感情と憧れの感情を確かにもっています。ですが、彼と両思いになったとたん、彼が急に気持ち悪くなり、彼に好意をもたれていることすら耐えられなくなり、すぐにこちらからふってしまうのです。そのため、交際はいつも短期間で終わってしまいます。

■特徴2:恋愛を諦めている

蛙化現象にかかっている女性は、自分でもその自覚がある女性が多いものです。これまで似たような経験を何度も繰り返してきたため、「なぜ私は普通の恋愛ができないんだろう」と自分を責めたり、「どうせ私なんて普通の恋愛ができない」とネガティブ思考に陥りがちです。

■対処法1:相手を美化しない

蛙化現象が起きる原因のひとつが、相手のことを理想視しすぎてしまっているということ。最初から相手のことを自分と変わらない人間だと受け止めていれば、蛙化現象が起きにくくなるでしょう。短所も含めて、相手のことを受け入れられるのが本物の恋です。

■対処法2:自己肯定感を高くする

自分に自信が持てず自分のことが嫌いな女性は、自分のことを好きだと言ってくれる男性を信じることができずに嫌悪して蛙化現象に陥ってしまう可能性があります。これを阻止するためには、自分に自信をつけることが大切。健全な自己肯定感を育てることができれば、きっと普通の恋ができることでしょう。

■蛙化現象から抜け出そう

今回は蛙化現象についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
蛙化現象が起こりやすい女性は自尊心が低かったり、男性を理想視しすぎてしまうふしがあります。ありのままの男性を好きになることと自分に自信をもつことで、自然と蛙化現象から抜け出せるでしょう。(もんもーる/ライター)

(ハウコレ編集部)