「なんともいえない、すごい臭いですよ」現場には大量のハエ、ウジ、卵…害虫ハンターが見たヤバすぎる“孤独死”のリアル から続く

「え!? 100万円! そんなのありえないですよ!」――害虫・害獣駆除の専門家を取材するために、事務所に訪れた文春オンライン取材班。応接室で待っている間、聞こえてきたのは“ボッタクリ”被害者からの相談電話に対応する代表の声だった。

【閲覧注意】カーペットをめくったら大量に…「サウナで大繁殖する害虫」(画像は複数あります)

 駆除歴30年になる代表の早川佳宏さんによれば、こうした悪質業者による高額請求に苦しむ人は少なくないという。いったいどんな人が詐欺に引っかかってしまうのか?(全3回の2回目/#1、#3を読む)


害虫駆除のボッタクリ業者の悪質手口とは? ©iStock.com

◆◆◆

薬をまいただけで「100万円」

――害虫・害獣駆除のボッタクリって多いんですか?

早川 まともな駆除ができない業者が増えてきています。それこそYouTubeを見て、見様見真似でやっているような。

 特にインターネットが普及してきてから、増えた印象ですね。今はホームページとか、格好良く作ろうと思えばいくらでも作れるじゃないですか。さっきの相談電話も、天井と床下に薬をまいただけで100万円ですって。個人のお宅ですよ。あり得ないですね。薬をまくだけだったら、2万〜3万円が適正価格。明らかにボッタクリですよ。

――害虫駆除は、なかなか自分でできないからこそ、足元を見られがちという事情もありそうです。

早川 変なところに頼んだら、防護服を着るだけで何万円、薬剤何万円、巣を取るのに何万円とかね。普通それがワンセットでしょ。本来オプションでもなんでもないものをどんどん積み上げて、10万円、20万円とかふっかけてくるんです。

――これまで見たなかで「最も悪質なケース」は?

早川 30坪くらいの普通の戸建てだったんですが、ネズミの駆除に180万円以上かかったというケースがありました。結局、ネズミが再発生してうちに相談してきたので、10年保証をつけて26万円で処置したことがあります。

――その180万円でやった業者さんには、「保証」はなかったのでしょうか……。

早川 ないですよ。個人でやっているような業者は、たとえ「10年保証」を謳っていたとしても、電話がつながらないようにしてしまえばそれで終わり。捕まえようと思っても、きっと逃げられるでしょうね。

――ボッタクリにあった、という人からの相談も?

早川 ありますよ。必要そうな時には、国民生活センターなど、被害報告の連絡先をお伝えします。お客様を守るための情報提供は、大事にしたいと思っています。だって、害虫で被害にあって、さらに人間から被害にあったら、二重の被害に遭うことになってしまいますからね。

悪質業者の使う手口とは?

――悪質業者が使う手口のセオリーはあるのでしょうか。

早川 悪質業者は、高額な料金でも、いかにそれが妥当だと思わせるかというシナリオを作っています。もっともらしい事例をあげながら、「今やらなければ大変なことになりますよ」というように、強迫観念的な感じで焦らせるんです。

――困っている心理につけ込む。

早川 専門的な用語を連発して、「放置しておけば建て替えなきゃいけなくなる、そうなれば何千万円もかかりますよ」とかね。「最近は全国的に地震が多発していますよね? 次に地震があったら生き埋めになるかもしれませんよ、家族の命守れませんよ」とか。時事的、社会的な要素を絡めて、説得するんです。

 その際、お客様に考える時間を与えないのも特徴です。確認されたり、適正な相場を調べられたりする前に、立て続けにその必要性、緊急性をアピールして不安を煽って煽って、その場で契約させてしまう。お客様は冷静な判断ができないまま、相手のペースに乗せられてサインをしてしまうんです。

 彼らにとっては、実際に契約できる人は10人のうち1人でもいい。1人でも高額な料金を騙しとれば、採算がとれるわけですから。

――悪質業者は摘発されないのでしょうか。

早川 もちろん、詐欺で摘発されることはあります。でも害虫がいないのに「いる」と騙してお金を受け取ったら詐欺ですが、実際に行った作業に対して「高い」ということになると、民事の問題。それで裁判を起こすのも面倒だし……というところで、実際には泣き寝入りするケースが多く、そこが付け入る隙になってしまいます。

「価格比較サイト」の落とし穴


――引っかかりやすい人の特徴はありますか?

早川 なるべく安くて便利なところを探そうと思って、すぐに価格比較サイト、ランキングサイトを見ますよね。でも、そこにも落とし穴があります。ネット上の評価なんて、いくらでも自分で作ってしまえますから。なんなら自前でそうしたサイトを作ってしまう業者もいるようです。

 適当に微妙な評価を混ぜつつ、全体の8割くらいを高評価にして、信憑性を演出するんです。

――見極める方法は。

早川 一つのわかりやすい指標として、「全国対応、すぐ駆けつけます」とうたっているのは怪しい。この業界、全国対応でやっているところってまずないんです。かつ、その会社の所在地がしっかりしているかも重要です。ちゃんと法人登記をしているかとかね。本社住所を調べても建物自体が出て来ないところや、違う会社が入っていることもあります。

 各都道府県の県知事登録を受けている業者かどうかも一つのポイントです。そうした業者さんは、常にスキルアップをしていますし、情報交換もしている。安心材料にはなると思います。

 さらに、いろんな会社から見積もりをとって、適正な価格を自分で判断する。安いところは何故安いのか、高いところは何故高いのか。安いところは一時しのぎにはなっても、そのあと高くつくこともありますから。トータルで確認して、自分で納得する。即断しないこと。

 正攻法は、何かあった時に逃げない、「地元で長くやっている業者さん」に頼むのがいちばんです。ネットで信頼度はなかなか測れないですからね。

――安いだけで決めない、即断をしない。

早川 自分で防御する姿勢が大切です。ネットに載っている業者がすべて信用できるわけではないということを、肝に銘じる。ネットの便利さの裏には、闇があることを自覚しておくことです。

カーペットをめくったら“大量のアレ”が…害虫駆除のプロが明かした「サウナで大繁殖する虫」の正体 へ続く

(吉河 未布)