@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

積算4021km ピレリ・ソットゼロへ交換

普段使いできるスーパーカー、マクラーレンGT。それが本当なら、季節や天候にとらわれることなく乗れるべきだ。寒い季節でも、問題なく走りたいところ。

【画像】普段使いしやすいスーパーカー マクラーレンGT 艶めかしい3色のボディカラーを比較 全77枚

しかし、標準タイヤのピレリPゼロが、英国の寒い朝が得意でないのは仕方ない。自宅を出発するとカーブがあり、クルマを信じ切っていると慌てることがある。テールが路肩へ流れ、ヘッドライトが思いも寄らない方向を照らすことも。


マクラーレンGT ルクス(英国仕様)

驚いて必要以上にアクセルペダルを戻してしまうと、マクラーレンGTはさらに安定しなくなる。気温が5度以下で、620psもの最高出力を備えるミドシップ・スーパーカーなのだから、想像の範囲とはいえるけれど。

そこで、スタッドレスタイヤを試すことにした。少し時間が経った話題で恐縮だが。

取り付けはマクラーレンのディーラーで。AUTOCARだからといって特別な対応があるわけでもなく、費用は4本で2556ポンド(約42万円)。驚くような金額だが、マクラーレンGT専用に設計されたピレリ・ソットゼロを履くことができる。

サイズはフロントが225/35R20で、リアが295/30 R21というもの。意外にフロントが細い。クルマをジャッキアップし、ホイールから夏タイヤを外し、組み直すという作業で終了する。

外した夏タイヤの置き場所だが、多くのマクラーレン・オーナーなら、屋根付きの広いガレージがあるはず。街なかのタイヤ店では保管してくれる場所もあるが、ディーラー以外ではマクラーレンGT専用のタイヤは入手が難しい。

低い気温でもグリップに一貫性

果たして、スタッドレスタイヤになったマクラーレンGT。間違いなく、遥かに安全になった。速度域に関わらずグリップ力に一貫性が出て、トラクションが急に抜けるようなこともない。

気温が低い時に、アクセルペダルとステアリングホイールを積極的に動かしてみたが、タイヤはしっかり路面を掴んでいた。これで姿勢を乱すには、かなり気持ちを奮い立たせる必要がある。もちろん公道では、控えめに。


ブルーのマクラーレンGT ルクスとシルバーのマクラーレン720 S

大きな水たまりを通過した時にも感心した。タイヤ幅が広いマクラーレンGTだが、大きい溝が不足なく水をかき出してくれる。夏タイヤより、ステアリングホイールへ伝わる不安な手応えが小さくなった。

ロードノイズは少し大きいようだが、明確な違いを感じるほどではない。スタッドレスタイヤには、ノイズキャンセリング・システムとピレリが呼ぶ、吸音スポンジが内蔵されていないからもしれない。

最高速度は240km/hに制限される。といっても、これを超えての運転は日常的には不可能だ。

気温が上昇すると走りがどう変化するのか興味深いが、マクラーレンGTはその前に返却予定。少なくとも気温が12度前後なら、スタッドレスタイヤでもまったく違和感なく運転できる。ますます普段使いしやすくなった。

テストデータ

気に入っているトコロ

大きな荷室:荷室は高さ方向に低いものの、前後に長い。まだ荷物が満載になったことはない。

気に入らないトコロ

後方視界:バックカメラが付いているが、ステアリングホイールがモニターにかかり、見にくいことがある。

テスト車について


マクラーレンGT ルクス(英国仕様)

モデル名:マクラーレンGT ルクス(英国仕様)
新車価格:16万3000ポンド(約2722万円)
テスト車の価格:17万2170ポンド(約2854万円)

テストの記録

燃費:7.6km/L
故障:なし
出費:なし