綾野剛が主演を務める日曜劇場『オールドルーキー』(TBS、毎週日曜よる9時〜※初回25分拡大)が26日、放送スタートする。本日、第1話の放送を彩る豪華出演者の面々が解禁となった。


主人公の新町亮太郎を演じるのは日曜劇場初主演の綾野剛。そして脚本を担当するのは、TBSドラマは2002年放送の『真夜中の雨』ぶりとなる福田靖。『HERO』シリーズや『海猿』シリーズなど、数々の人気ドラマで丁寧な人物描写と温かい物語を作り上げてきた。


主人公の新町は、サッカーに人生をかけてきた底抜けに明るい元日本代表のJリーガー。37歳で選手としてのピークは過ぎたものの、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していた。しかしある日、チームの解散が突然告げられ、現役引退を余儀なくされてしまう。37歳にして新人。社会人デビューとしてはあまりに遅すぎる新町が、どん底の中で出会ったのは“スポーツマネージメント会社「ビクトリー」”。スポーツマネージメントとは、現役アスリートの代理人やマネージメントを行う、いわば裏方。それでも、サッカーを心底愛し、スポーツを誰よりもリスペクトしているからこそ、新町はそこで働く決意をする。何よりもサッカー選手だった自分を誇りに思ってくれていた娘たちのために。




本日発表された出演者は、新町が所属するJ3サッカーチーム「ジェンマ八王子」を応援する八王子ケーブルテレビの番組「GO!GO!ジェンマ」のMC・RIO役をアンミカが演じる。アンミカは撮影中もハッピーオーラ全開。綾野とは初対面だというが、そうとは思えないほど息のあった掛け合いを見せてくれる。


そして、新町の「ジェンマ八王子」時代のチームメイト・鈴木湧己役に馬場徹、及部遼役に野村祐希、外岡悠人役に鈴木志遠、城出隼澄役に坂口和也。馬場は実兄が元プロサッカー選手であり、自身も幼少期からサッカーをプレーしてきた。野村も実兄がプロサッカー選手であり、自身も小学生時代からサッカーをプレーしている。鈴木はFC東京のジュニアに、坂口は横浜FCのユースに所属していたこともあるといういずれも実力派。彼らが活躍する「ジェンマ八王子」のサッカーシーンも迫力あるものになっているので、お楽しみいただきたい。



また、新町が仕事の一環で手伝いに行く焼肉屋の経営者として、“大魔神”の愛称を持つ元横浜ベイスターズ(当時)投手・佐々木主浩が本人役で登場する。「夢に見てしまった・・・」と撮影に緊張していた佐々木だが、本番では存在感抜群の堂々たる芝居を見せた。また本作には、「ビクトリー」所属として多数のアスリートが実名で登場する。このドラマのために本人たちが書いた直筆サイン入りの写真が「ビクトリー」の社内に飾られているので、ぜひ探してみてほしい。


さらに、佐々木が経営する焼肉屋で新町に絡むギャル役で、いま旬な芸人の1人、お笑いコンビ・エルフの荒川も出演。ドラマ出演は今作が初となる彼女の芝居にも注目いただきたい。