下半身のどっしり感の解消へ。1日5セット【下半身太りの予防に効く】簡単習慣

写真拡大


夏の装いをおしゃれに楽しむためにも、“痩せ見え”する下半身を手に入れたいもの。でも、座りっぱなしや立ちっぱなしの日が続くと、どうしても下半身の筋肉が凝り固まってしまい、どっしりとした印象を醸してしまいがちです。そこで習慣に採り入れたいのが、下半身太りの予防に効くピラティスの簡単エクササイズ【ニーリングバウンド】になります。

🌼太ももの“すき間づくり”に効果大。1日10回【太ももをぐんぐん引き締める】簡単習慣

 

ニーリングバウンド


お尻の下側の筋肉を強化するエクササイズで、お尻周りのスタイルアップ効果絶大。また、太りにくい下半身作りもつながりるのも嬉しいポイントです。

 

(1)ひざ立ちをして片方の脚を真横に伸ばし、骨盤の位置がずれないように気をつけながら、息を吐いてお腹を薄くする

 

(2)ひざで立っている側の手を肩の真下に置く

 

(3)息を吸いながら伸ばした脚を上げていき、かかとからつま先が一直線になったら息を吐きながら脚を10回バウンドさせる

▲バウンドさせる時に「ハッハッ」と息を吐きながら声を出してください。バウンドが終わったらゆっくり脚をおろして元の位置に戻ります

 

続けて脚を変えて反対側も同じように行い、“1日あたり左右各5回を目標”に繰り返し実践します。なお、期待する効果をきちんと得るためにも、手を着いている側の肩位置が下がってしまったり、骨盤の位置がずれて脚が体の真横からずれてしまったりしないように注意しましょう。

ピラティスのエクササイズは“回数を多くこなすよりも呼吸と動きの質が重要”です。ぜひ無理なく正しい姿勢で目標回数をこなすことから始めて、細見えする太りにくい下半身に整えていきましょうね。<ピラティス監修:YUKI(インストラクター歴2年)>