MacRumorsが、Apple Watch Series 4とApple Watch Series 5にwatchOS9をインストールすると、キャリブレーションが再実行され最大バッテリー容量が正確に表示されるようになると伝えました。

最大バッテリー容量が正確に表示されるように

MacRumorsによれば、キャリブレーションの再実行機能はこれまでiPhone11を対象に提供されたことがありますが、Apple Watchでは初めての事例になるとのことです。
 
この機能はwatchOS9のインストール時に自動的に実行されるようで、ユーザーが何らかの操作を行う必要はないようです。
 
watchOS9では、省電力モードも導入されるなど、バッテリー管理面での改善がなされる見通しです。
 


 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple
(FT729)