文=中井 治郎 

京都芸術センター(旧明倫小学校)

 先日のこと。僕にしてはめずらしいところでランチを楽しんだ。鴨川ごしに東山を一望できるホテルの高層階にあるイタリアン・レストランである。

 ふと思いついて前日に予約したのだが、その日のランチタイムの予約枠はちょうど最後のひとつだったとのこと。平日の午後にもかかわらず満席である。どうやら盛況のようだ。

 いずれにせよ、僕の暮らしではこんな「キラキラ」な機会はそうそうあるものではない。これみよがしな写真を撮って抜け目なくSNSに上げる。すると、そのホテルの以前の姿を知っている人々から、いくつか驚きのリアクションが返ってきた。

「え!!これ立誠小!?こんなオシャレになってんの!?」

 そうなのだ。贅沢すぎる眺望でSNSを制するこの「オシャレ」なホテルは、もともとは小学校だったのだ。ザ・ゲートホテル京都高瀬川 by HULIC。築100年のノスタルジックな校舎が市民に親しまれていた町の名物小学校、立誠小学校の生まれ変わった姿である。

 

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「学区」と京都っ子

 いつもとはちがう町を歩いていると、向こうからやってきた「兄ちゃん」とうっかり目が合ってしまう。

「あ、失敗した……」と反省する間もなく、彼はまっすぐにこちらに向かってくる。そして十分すぎるほど距離を詰めたあと、たとえば、このようなことを問うのだ。

「……おまえ、何中や?」

 僕が育った20世紀の大阪では、これは出会い頭の挨拶というよりもむしろ警告射撃のような問いかけであった。それにしても、なぜいざ事を構えるというその前にまず出身中学の確認をしなくてはいけなかったのだろうか。

 それはもちろん、「よそもの」かどうかを判別するためである。出身中学を確認することで、この界隈の人間か、それとも排除すべき闖入者かどうか判別するのだ。

ローカルなアイデンティティの在り方を示すひとつの例とはいえ、若者文化やヤンキー文化というある種のインフォーマルでアウトローな世界での縄張りが公的な義務教育の枠組みと重ねられているのは、よく考えると不思議なものである。

 さて、京都ならどうだろう?

 実は京都の場合、より重い意味を持つのは「何中か?」ではなく小学校なのだ。正確には小学校の「学区」である。

 つまり、かつてあった番組小学校という京都特有の小学校制度における単位であった学区が、現在でも「元学区」として(もちろんヤンキー文化ではないが)自治会や各種の行事などそれぞれの地域の「縄張り」の範囲として現在でも現役で機能しているのである。

「親子3代、同じ小学校」という京都っ子のプライド〜番組小学校のはじまり

 いつの時代であっても都には外からたくさんの人が入ってくるものである。そこで都にあふれる「にわか」に対して、古参の優位性を示すために「三代続かないと江戸っ子とはいえないね」などという古典的なマウントが生まれることになる。

 それをいうなら、京都の場合では「親子3代、同じ小学校」というのが、江戸っ子ならぬ京都っ子の証といえるかもしれない。

 では、なぜ京都っ子のローカル・アイデンティティはそんなに小学校と強固に結び付けられているのだろうか。その謎を紐解くためには明治初期にさかのぼる必要がある。

 明治2年、日本で最初の小学校が京都に設立された。その前年に江戸時代よりの京都の町組が番組として再編されたばかりだったのだが、京都の小学校はこれを単位として設立されることになった。

 しかし、建築費は京都府から下賜されたものの、維持費は各番組から戸別に徴収されることになり、また用地も地元の寄付によるものが多かったという。もちろん明治という誰にも先の見えない激動の時代に、子供の教育に未来の希望を託した京都の人々の熱い思いによって実現した制度である。しかし、実際問題としてこれは各地域の住民にとって非常に大きな負担であったことも事実だ。

 つまり、この全国初の小学校設置は、番組と呼ばれた地域単位で束ねられた京都の人々にとって、まさに未来のために血を流すような思いで身銭を切る大事業だったのである。

 そして、こうした苦労のなかで誕生した京都の番組小学校は、単なる子どもたちのための教育施設にとどまらず、他地域にはない独特な空間として成長していく。

「学校のなかに町役のたまり場があり、講堂は町組の会議場になり、人民教諭の場となった。そして、行政や警察の仕事が行われる町民当地の出張所」(辻 1977)

「(京都の)小学校は新奇な知識にふれる学習の場であり、多様な交流の場であった」(荻原 2016)

 つまり番組小学校は京都の人々にとって、近代化のなかで変わりゆく新しい生活を発信する「総合庁舎」とも呼べるような場所として成長するのである。そして、番組小学校は「まちの連帯のよりどころ」(萩原,同上)としての性格を強く帯びるようになる。これが近代における京都っ子のローカル・アイデンティティの要となる番組小学校のはじまりである。

 その後の制度や街の移り変わりのなかで実際の通学区と重ならなくなっていったあとも、番組小学校時代の学区は「元学区」として人々の生活の中に受け継がれることになった。そして、その独特な役割を反映して、他の地域には見られない豪華さを誇った各小学校の校舎はそれぞれの地域のランドマークとして愛されるようになったのである。

 

美を競い合った京都の小学校建築

 たとえば建築史家たちは、京都の独特な小学校建築と出会った時の感動をこのように表現している。

「第一印象は強烈で、豪華な講堂、重厚な書院造りの和室、ゆったりとしたスロープ、驚きの連続であった」(大場 2019)

「京都の小学校は梁のハンチひとつとってもこだわったデザインが施され、鉄筋コンクリート造にもかかわらず屋根がつく校舎や、窓についても東洋風が意識されるなど、大阪や神戸の小学校とは異なって、歴史都市にふさわしいデザインが試みられていた」(川島 2015)

 アールデコ調の鉄扉と彫刻で飾られた玄関。大理石の壁にモザイクタイルが敷き詰められた玄関ホール。丸窓やロマネスク様式の柱……。

 とくに明治から戦前までに建築された京都の小学校の校舎は、まるで豪華さを競い合うように非常に贅沢で装飾的な特徴を有している。

 それはもちろん、それらの小学校が単なる教育の場にとどまらないランドマークとして地域の誇りを象徴するものであったからである。

 そして、それらの校舎の稀有な美しさと個性は、100年という時を経て、子供たちの学び舎という役目を終えた閉校後の校舎の利活用に活かされることになる。

京都の新たな名物、「元小学校のホテル」

 京都では1980年代から都心部の人口減少と少子化がすすみ、これをうけて市内の小学校の統廃合が進められることになった。

 しかし、地域にとって特別な意味と歴史を持つ京都の小学校は、閉校後の跡地の活用や校舎の転用についても市の一存で決定するものではないと判断され、学区住民との「濃密な」話し合いを重ねながら進められることになった。

 こうして京都に新たな名物が生まれることになる。「元小学校」の転用施設の数々である。

 京都市学校歴史博物館(旧開智小学校)、京都芸術センター(旧明倫小学校)、京都国際マンガミュージアム(旧龍池小学校)など、いずれも文化施設としての本来の機能はもちろんノスタルジックな近代建築としての魅力を満喫することもできる京都の新たな名所だ。

京都国際マンガミュージアム

 しかし、2000年代に入ってからも京都市内の少子化に歯止めはきかず、小学校跡地は増え続けることになった。そこで2011年11月に策定された「学校の跡地活用の今後の進め方の方針」において京都市はある決断を下す。小学校跡地活用の多様化をめざし、ついに市の事業だけでなく民間事業にも門戸を開いたのである。

 この決断はおりしもインバウンド・ブームの直前のことであった。つまり「お宿バブル」ともいわれた空前のホテル需要が京都に生まれようとしていた頃である。そんなとき、小学校跡地活用に民間の参入が許されたのだ。手を挙げたのは当然のごとく「お宿」であった。

 こうして「元小学校の文化施設」に続いて、いま新たな京都名物が生まれつつある。「元小学校のホテル」である。

 先述のザ・ゲートホテル京都高瀬川 by HULIC(元立誠小学校)とザ・ホテル青龍(元清水小学校)はすでに開業し、学区住民に愛されてきた小学校時代の面影を色濃く残しながら地域文化や地域住民の生活とツーリズムの新たなつながりを模索する大胆なコンセプトで話題を集めている。

 さらに22年7月にはミュージアム・ホテルをコンセプトとする京都東急ホテル東山(旧白川小学校)がオープン。そして花街・宮川町の新道小学校跡地ではホテルとともに芸舞妓が芸を磨く歌舞練場と一体となった再開発プロジェクトが立ち上がっている。

 どれもコンセプトと個性を磨き抜いたホテルばかりである。まさにこの街がツーリズムにおけるさまざまな実験の舞台となる観光先進都市であることを実感できる刺激的で示唆に富む事例といえるだろう。

 しかし、忘れてはいけないのは、なによりこれらの小学校は「ただの小学校」だったわけではないということだ。一筋縄ではいかない「ややこしい」街の人々が自分たちの誇りと子供たちの未来のために身を削りながら大切にしてきた、彼らのローカル・アイデンティのまさにど真ん中のシンボルだったものである。だからこそ、その転用のあり方においても事業者と地域住民の話し合いが他地域の事例では考えられないほど濃密に続けられてきたのだ。

 つまり、「元小学校のホテル」という新しい京都名物を訪れた人々が目にする個性的で「オシャレ」なホテルは、単にSNSに映えるという次元ではなく、ツーリズムと街の歴史が妥協なく出会った成果といえるのである。

 とはいえ、ツーリズムと地域社会がどのように出会うべきかについては、この観光先進都市においてもまだまだ課題は山積みである。これらの野心的で美しい実験の数々が今後どのような歴史を刻んでゆくことになるかもまた、世界の旅人たちがこの街に戻ってきたころにあらためて明らかになることだろう。

 窓からの眺望が自慢の「元小学校」で食事を終えてコーヒーを飲みながら、ふと目線を足元に落とすと、そこは木屋町界隈。小さな町家の屋根が肩を寄せ合う、かつては海原の波にも見立てられた京都を象徴する景観のひとつである。そんな屋根の上で、飲み屋街にふさわしい立派な猫が丸くなって穏やかな昼下がりを満喫しているのが見えた。

 変わらない景色を、新しく生まれ変わった場所から眺める。この街に訪れた凪の暇もそろそろ終わりが近いようだ。

 

参考文献
大場修 2019『京都 学び舎の建築史 明治から昭和までの小学校』京都新聞出版センター
荻原雅也 2016「京都市都心部小学校の廃校と校区の状況に関する研究」『大阪樟蔭女子大学研究紀要』第6巻
川島智生 2015『近代京都における小学校建築 1869〜1941』ミネルヴァ書房
辻ミチ子 1977『町組と小学校』角川書店

筆者:中井 治郎