の多い季節になると出番が増えるのが、傘やレインウェアなどの雨具だ。リモートワークの増加で常にノートPCを持ち歩く人が増えたいま、傘を選ぶ際に軽さを重視する人が増えている。

「突然の雨に備えて必携。スマートフォンより軽い、超軽量の折り畳み傘5選」の写真・リンク付きの記事はこちら

そこで荷物をこれ以上重くしたくない人に最適な、スマートフォンよりも軽い(iPhone 13 Proは203gだ)、超軽量の折り畳み傘をセレクトした。おなじみの人気アウトドアブランドから老舗の傘店まで、軽さを重視しながらも機能性も備えた折り畳み傘を紹介する。雨のなか持ち歩く荷物が軽くなることで、気分も少しだけ軽やかになるかもしれない。


ダントツに軽い76g

D-VEC 「カーボンテクノロジーアンブレラ」

2017年に誕生した「D-VEC(ディーベック)」は、フィッシングブランドDAIWA(ダイワ)のファッションブランドだ。なかでも、さまざまなブランドとのコラボレートするアパレルラインと同様に人気を集めているのが、DAIWAの釣り竿のカーボンテクノロジーを応用した、重さわずか76gの超軽量の折り畳み傘。釣り竿の素材であるカーボンは、軽さと強度を併せもっている。

傘の柄は、釣り竿の持ち手の節の部分に各節をコンパクトに収納する「振り出し竿」の製造技術が用いられている。ポリエステルの生地は90%を超える紫外線遮蔽率で、日傘としても使える。長さ50cm、折り畳み時の長さ21.5cmとコンパクトだ。

【Amazon.co.jpで購入】


バックパックも濡らさない

mont-bell「ロングテイル トレッキングアンブレラ」

軽量で丈夫な折り畳み傘が豊富に揃うのが、アウトドアブランドmont-bell(モンベル)だ。「ロングテイル トレッキングアンブレラ」はトレッキング愛好家はもちろん、バックパック愛用者にも最適な一本。開いたときの直径は92cmと折り畳み傘では平均的な長さだが、前と後ろで骨の長さを変えることで背中側の生地も長くなり、背負ったバックパックをしっかりカバーする。

強度と軽さを両立した10デニールのバリスティック エアライトナイロンに、一般的な撥水加工よりも高い撥水効果をもつポルカテックス加工を施しているのもモンベルならではだ。石突きにはひもを通してあり、S管やカラビナに吊るせば使用直後の収納場所に困ることもないだろう。折り畳み時の長さは26cm、重さは140g。

【Amazon.co.jpで購入】


レイングッズがアイコンの英国ブランド

トラディショナル ウェザーウェア「ライトウェイト アンブレラ」

ゴム引きコートで知られる英国のマッキントッシュが展開するデイリーウェアブランドが「Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)」。約160種類もある傘とレインコートなど、バラエティに富んだレイングッズがブランドのアイコンだ。

ユニオンジャックがあしらわれたブランドロゴがアクセントの折り畳み傘は、110gと軽量でありながら、カーボンファイバーとアルミニウムを組み合わせた骨を採用することで高い強度を実現。ネイビーやグレーといった落ち着いたトーンからヴィヴィッドなネオンカラーまで、カラー展開が豊富なのも特徴だ。直径88.5cm、収納時の長さは21.5cm。

【Amazon.co.jpで購入】


大きめサイズなのに軽々

小宮商店「超軽量カーボン傘 楽々開閉」

昭和5年に日本橋で創業した傘専門店が手がけたコンパクトな折り畳み傘。軽さ重視の折り畳み傘は生地の量を少なくするために直径が短いものが多いが、このモデルは直径約115cmと大きめながら、重さ195gとiPhone 13 Proよりも軽い。体が大きい人や荷物が多い人におすすめだ。

その軽さは骨の部分をカーボン素材にすることでクリアした。通常の40%も細い糸でつくられた超高密度のポリエステル生地に、超高撥水テフロン加工をすることでパワフルな撥水性をもたせている。長さは65cm、収納時の長さは27cm。 

【Amazon.co.jpで購入】


コスパ重視の晴雨兼用

スノーピーク「アンブレラ UL」

アウトドアブランドとしての地位を確立した人気ブランド「スノーピーク(Snow Peak)」。キャンプグッズだけでなく折り畳み傘も人気のアイテムだ。

骨の本数は8本ながら細くすることで軽量化し、第3世代のiPhone SEとほぼ同じ150gに。30デニールのポリエステル生地にはテフロン撥水加工とUVカット加工が施されているので、雨天時だけでなく強い日差しが気になるトレッキングのときやフェス会場でも活躍する。直径96cm、収納時の長さは22cm。

【Amazon.co.jpで購入】


PHOTOGRAPH BY APPLE

大切な傘の紛失・盗難防止に

アップル「AirTag」

2020年に日本国内で拾得された傘は24万本以上というデータがある。また、ビニール傘は年間6,000万本から8,000万本も消費されているという。自分の傘にもっと愛着をもつために取り入れたいのが、アップルの紛失防止タグ「AirTag」だ。

500円硬貨をひとまわり大きくしたサイズで、なくしたくないものに別売りアクセサリーを使って取り付ければいい。アップルのアプリ「探す」で、紛失したものがいまどこにあるのか見つけてくれる。

【Amazon.co.jpで購入】


AirTagを傘に固定

エレコム「AT-UMSCBK」

傘の柄にAirTagを固定するシリコン製のホルダー。上下についたホルダーで傘はもちろん、ループがフィットするスティック形状のものなら何にでも取り付けられる。大切な傘を“追跡”することで、廃棄される傘の量を少しずつでも削減しよう。

【Amazon.co.jpで購入】

※『WIRED』によるおすすめ製品の記事はこちら。


Related Articles

大人数でも広くて快適。グループ&ファミリー向けおすすめテント6選

キャンプの楽しさと快適さを大きく左右する最重要アイテムがテントだ。グループやファミリーといった大人数でも広々とした快適な空間でゆったりと過ごせる、おすすめのテントとシェルターを紹介する。


https://media.wired.jp/photos/61de2e1c705e9457064ef62e/master/w_1200,h_630,c_limit/sz_og.png

毎週のイベントに無料参加できる!
『WIRED』日本版のメンバーシップ会員 募集中!

次の10年を見通すためのインサイト(洞察)が詰まった選りすぐりのロングリード(長編記事)を、週替わりのテーマに合わせてお届けする会員サービス「WIRED SZ メンバーシップ」。毎週開催のイベントに無料で参加可能な刺激に満ちたサービスは、無料トライアルを実施中!詳細はこちら。