東大卒なら就活も余裕?「学部卒だったので研究職は門前払いだった」という人も

写真拡大

「いい学歴」に対する基準や考え方は人それぞれ。キャリコネニュースの学歴をテーマにしたアンケートに

「気が付いたら、今の職場のほぼ全員が早慶もしくは東大京大一橋東工大の出身でした」

と語るのは、早稲田大学を卒業した40代後半の男性(東京都/正社員・職員/年収1500万円)だ。マスコミ系で働いており、「優劣感を抱くことはないですが、劣等感もなく、似たような境遇や価値観なので人間関係にストレスがないです」と余裕のコメントを寄せた。

※キャリコネニュースでは学歴をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/K0DQY3O9

「高学歴は修士や博士のこと。決して“有名大の学部卒”ではない」

一方、東大を卒業しながら「学部に対して不満はないが大学院に進学したかったと思うことはある」と自身の学歴に若干の心残りを見せる人も。IT・通信系の企業で働く30代前半の男性(東京都/その他/正社員・職員/年収900万円)で、

「理系で研究・開発職に就きたかったこともあり大学院に進学希望だったが、自分の研究に対するモチベーションや家の事情から学部卒で就職したので、就活で開発職などは門前払いだった」

と厳しい現実に直面したことを明かした。そのうえで、「高学歴」についてはこう綴る。

「私が思う高学歴は修士や博士のことで、決して“有名大の学部卒”に対して言うものではない、と考えています」