「イケおじ」の魅力とは?年上男性がイケてる理由

写真拡大

元風俗嬢の天照メイです。
あなたは、年上の男性にドキドキした経験はありますか?
近年の恋愛マンガでも「イケオジ」をテーマにしたストーリーが多くなってきました。
イケオジに惹かれる女性が多くなってきた証拠なのでしょう。
私自身、10歳以上離れた男性とお付き合いすることが多かった経験があります。
今思えば、いわゆる「イケオジ」だったのかもしれません。
今回は、年上男性「イケオジ」の魅力をご紹介していきます。

目次

イケオジってどんな人なの?

そもそも「イケオジ」ってどんな人なのでしょうか?
イケオジとは、40〜60歳くらいのイケてるおじさんのことです。
イケメンなおじさんを指すこともありますが、容姿の良さだけではなく立ち振る舞いや内面なども含めてイケている男性を指します。
若い男性にはない大人の余裕や年上だから感じる魅力を兼ね揃えているのです。

イケオジの魅力「かわいさ」

イケてるおじさんは、おっさんとは違います。
ちょっと女子力が高かったり、好奇心旺盛だったりするので、妙に感覚が合うことに気がつくかもしれません。
趣味が同じ、好きなものが似ていたり、年が離れていても共通点が出てくることがあります。
おじさんなのに何かに夢中になっている姿は、とても可愛らしくキュンとさせてくれます。
年が離れていても少年っぽいところもあって、何だか愛おしくなってしまう女性は多いはずです。

イケオジの魅力「エスコート」

デートの時につい「何でもいい〜」と答えてしまう女性は、イケオジに惚れちゃうかもしれません。
経験豊富な年上男性のエスコートは、スマートで心地よいのが特徴です。
デートは計画性があり、お店の予約や電話での問い合わせが素早い。
かといって、押し付けがましいのではなく、相手の意見も聞きながらデートプランを組み立ててくれるのです。
イケオジは、お会計もスマート!
世の中には「お会計の時にお財布を出すくらいして欲しい」という男性もいますが、イケオジはお財布を出させません。
知らない間にお会計を済ませていて、「お金の心配はしないでいいよ〜」なんて言ってくれたりと同世代にはない安心感があります。

イケオジの魅力「気遣い・優しさ」

イケオジは、無理な若作りではなく違和感のない年相応なおしゃれな着こなしができる人が多いです。
「おしゃれだよね〜」と褒めると「一緒に歩いてくれる女性に失礼のないようにね」と言っていた方がいました。
自分のための若作りもあるかもしれませんが、相手を気遣ってオシャレしているのが素敵だと思いませんか?
長年生きていると女性という生き物への理解も深まっているようです。
これまでの女性経験から、生理前後の起伏の激しさや体調不良にも理解があります。
大体この時期に生理がくることを察知している男性もいて、ちょうど良い気遣いや優しさでケアしてくれます。
また、女性側が感情的になっても受け入れて、話しているうちにイライラやモヤモヤを吸い取ってくれるように聞き役に徹してくれる大人な対応をしてくれます。
全てを察してくれるわけではないですが、体調が良くない時は優しくしてくれる人が多い気がします。

イケオジは努力の人

イケオジになる男性は、多少なりとも努力をしています。
それは、体作りだったりスキンケアだったりおしゃれだったり、継続的に何かを積み上げています。
また恋愛経験も豊富なので、女性を喜ばせることにも長けています。
sexも女性のために頑張る方が多い印象です。
イケオジの中には、離婚経験がある方も多いですが、それは欠点ではありません。
離婚経験があるからこそ、失敗から学び次に生かそうとする方は多いように思います。
もし、あなたが好きになった人が年が離れていて離婚経験があって、お付き合いするか迷うことがあれば気にすることはありません。
むしろ、年が離れていることや離婚経験はプラスの経験だと捉えてみてください。
きっと今までの男性では感じなかった魅力や心地よさを感じることでしょう。
(天照メイ/ライター)