ファウルを放って絶叫するエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

写真拡大

本拠地・レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発出場

■エンゼルス ー レンジャーズ(日本時間26日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地・レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発出場した。3回の第2打席では両軍ダグアウト付近を強襲するファウルを放って絶叫。思わず苦笑いを浮かべるシーンがあった。

 1-1で迎えた3回先頭。3球で追い込まれたが、ここからファウルで粘った。4球目の三塁側へのファウルでは「危ないっ!」と絶叫。6球目も三塁側へファウルを飛ばし、思わず苦笑いを浮かべた。この対応には地元放送局バリースポーツ・ウエストも注目。解説マーク・グビザ氏は「ショウヘイも少し笑っているね」と反応すると、実況のパトリック・オニール氏も「このチームの絆が強いことのあらわれですね」と語った。

 7球目は一塁側へファウルを飛ばして再び注意喚起の絶叫。粘りに粘ったものの、最後はフルカウントからの10球目チェンジアップに空振り三振に倒れた。

 初回先頭ではストレートの四球で出塁。二盗を決め、2死後、レンドンの左前打で迷わずホームを狙った。しかし、左足でベースの上を踏んでしまい、足を滑らせてバランスを崩した。転倒こそ回避して生還したものの、周囲をヒヤリとさせるシーンとなった。(Full-Count編集部)