(写真:アフロ)

写真拡大

「ゼレンスキーです。よろしくお願いします」

こう挨拶したのは沖縄県の玉城デニー知事(62)。各メディアによると、5月25日に開かれた基地問題に関する有識者会合でこのように自己紹介したという玉城知事だが、大きな批判を浴びている。

玉城知事は冒頭のように自己紹介したが、出席した委員は苦笑する程度。玉城知事は直後に「冗談です」と発言を打ち消したという。

「この会議は米軍基地問題に関して専門家から意見を聞く会議。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が激化するなかで、冗談のつもりでもこのような発言をするのは意図もわかりませんし、軽率と言われても仕方ありません」(全国紙記者)

この発言に対し、インターネット上では批判が集まっている。

《ウクライナの問題をおもしろおかしく利用しようとしたのでしょうか。冗談としてもまったく笑えないです》
《全く意味がわからないんだけど、何がゼレンスキーなの?ゼレンスキー大統領を茶化してるの?》
《今はSNSで離れてても連絡がとれる人もいるが…ウクライナからやむなく日本に避難して来て家族離ればなれになっている人がこの日本にいるのに…良くこんな体の低い冗談が言えたものだと思う》

その後の記者会見で「他意もなく、不用意に発言をしたことを心からおわびしたい。ウクライナの状況を私が軽んじているということは毛頭ありません」と陳謝したという玉城知事。今後は今まで以上に発言に気を配ったほうがよさそうだ。