日本では5組に1組が不妊に悩み、50万人近くが不妊治療を受けていると言われています。 イラストレーターのオヨネさんもかつて、その1人でした。 今回は、マスクをしてくれない夫と妊娠中の尿漏れについて。

妊活に協力するって言ってたのは幻聴?マスクしない夫<オヨネの妊活いばら道17>

結婚してすぐ妊活を始め、セックスレスなどの難関を乗り越え3年目に人工授精でやっと新しい命を授かったオヨネとメガネ(夫)。
幸せいっぱいな妊娠ライフを過ごしたのかと思いきや…?

●妊娠中の私が心配じゃないの?マスクしない夫

コロナが流行っている今、マスクは当たり前な世の中になっていますが、私が妊娠した当時はそうでもありませんでした。

メガネ(夫)は往復2時間程度電車に揺られて出勤します。冬の乾燥+密閉された空気の中はウイルスがたくさん。風邪や感染症のリスクもたくさん。

しかしメガネ(夫)は自分がどんなに咳をしようと、風邪気味であろうと、マスクをしたがらない人種でした。

ちょうど風邪やインフルエンザが流行り出す頃、私は妊娠7か月に突入していました。
もしものことがあってはならないと思い、感染予防のために「ねぇ、マスクして行ってよ」と出勤する彼に毎日お願いしていました。
ちなみに自分は妊娠判明してからずっとマスク生活をしていました。

ところがメガネ(夫)は「ん? なんのこと?」といった感じでマスクせずに毎日出勤。
手洗いうがいもしかり。家に帰宅した際そのまま着替えの部屋へ。

「手洗いとうがいしてね〜」
と言ってもまるで聞こえてないかのようにスルーしていました。

●インフルエンザの予防接種もしてくれない夫の無関心が悲しい

極めつけはインフルエンザの予防接種。
私は毎年受けていましたが、メガネ(夫)は受ける気配がまったくありませんでした。
別にかからないし、かかったらかかったでしょうがないだろうぐらいのノリのようです。

 

しかしこの年はいつもと違います。同じ屋根の下に住んでいる配偶者が妊娠しているのです。
もし今メガネ(夫)がインフルエンザや風疹などの感染症にかかって、それが妊娠中の嫁にうつってしまったら…重症化してしまったら?
おなかの赤ちゃんに万が一のことがあったら?
初めての妊娠というのも手伝って、すべてが不安で不安でしかたありません。

 

「ねぇ、インフルエンザの予防接種いつ受ける? 予約しておこうか?」とメガネ(夫)に何度も言いました。

もちろんメガネ(夫)はスマホをぽちぽちしながら「なにが?」ぐらいのノリでスルー。

同じ家に住む配偶者(なんなら同じ部屋で寝ている人間)がマスクもしてくれない。
手洗いやうがいもしてくれない。インフルエンザの予防接種も受けてくれない。
ついでに言うと風疹の抗体があるかどうかも調べてくれない…(お願いしたけどやはりスルーされました)

 

私と赤ちゃんの体が大事じゃないの?
自分は大丈夫でも、もしかしてうつるかもって思わない?
私が気にしすぎているの?

必死で訴えてもメガネ(夫)の耳にはまったく届いていないようでした。

●咳をするたびにチョロロ…。妊娠中の尿もれがひどい

そして案の定メガネ(夫)はどこぞでもらってきた大風邪を発症。からの私にも感染。

本人はうつした自覚もなくケロッとしていましたが、私は咳が止まらなくなり、出産寸前までずっと咳をし続ける羽目に。

 

さらに妊婦あるあるでしょうか? ものすごい尿漏れに延々と悩まされるのでした。
1咳=1尿漏れ。妊婦用デカパンツがたくさんご入用になりました。

メガネ(夫)にとって妊娠・出産は本当に他人事なんだろうなぁ…とまたがっかり。
一緒に妊活してくれるという言葉はなんだったんだろう? 幻聴だったか?

コロナが流行り出してからはメガネ(夫)もさすがにマスクをするようになりましたが、いまだに「手洗い、うがいした?」は毎日言わないとやってくれません。
6歳になった娘のぽんちゃんだって言わなくても手洗いするのに…。