タレントの内山信二の妻・内山琴さんが24日に自身のアメブロを更新。娘・絃(いと)ちゃんの目の症状で眼科を受診し、衝撃だったことを明かした。

【動画】体外受精、逆子、コロナ禍… 内山夫妻が乗り越えた“出産秘話”

 2月26日のブログで、琴さんは絃ちゃんについて「鼻涙管閉塞症との診断でした」と報告。5月21日には「4ヶ月たった今でもまだまだ治らない〜」と明かし「手術できる半年までは後2ヶ月!」とコメント。22日には「できるなら、手術はしたくないし自然に治る事が1番」と自身の考えを述べつつ「半年の手術をせず、、1歳まで…2歳まで…と様子みてそこまで待っても治らなかったら??とか色々考えちゃう」と悩ましい様子でつづり「まずは違う病院にも診てもらいに行こうかな」と今後について明かしていた。

 この日は「色々調べてセカンドオピニオン行ってきました」と報告。医師からは「9割が1歳頃までには治るし治らなくても手法はあるから大丈夫!遅くないよ!」と言われたことを明かすも「治らない1割だったら?全身麻酔での処置って?と超超超心配性がでる」と不安な様子でコメント。一方で「それはまだまだ先の話」と述べ「とりあえずは点眼薬とマッサージのやり方を教えてもらいました!!」と説明し、処方された薬の写真を公開した。

 続けて更新したブログでは「以前行った病院で教えてもらったやり方と全然違うマッサージの仕方だった」と明かし「だから治らなかったの?押してる場所も全然違うし」と衝撃を受けた様子でコメント。「早目にでもセカンドオピニオンして良かった」と述べ「ひとまず教えてもらったやり方で様子見てみます!」と前向きにつづった。

 最後に「コメントくれた皆んなもウチは◯ヶ月で治ったよ!ウチは◯歳で治ったよ!と言ってたから絃ちゃんもそう報告できるように頑張ってマッサージ続けます」(原文ママ)と意気込みを述べ「絶対治そうね!絃ちゃん」と呼びかけ、ブログを締めくくった。