幼いときに信頼関係を築くことができれば、その後の子育ては楽になるとのことで――(写真提供:photoAC)

写真拡大 (全2枚)

子どもに対し、つい感情的な言葉をつかってしまった読者も多いのでは。忙しい中、適切な言葉を選ぶのはなかなか難しいことですが、4人の子ども全員を東大理三に合格させた佐藤ママいわく「声かけひとつで、子どもは自己肯定感を高め、勉強にも前向きに取り組みことができるようになる」と言います。では子どもに「してはいけない声かけ」と「よい声かけ」とはどのようなものでしょうか。その一つとして「子どもに考えさせて、自分の意見を言わせる」ことが大事とのことで――

この記事のすべての写真を見る

* * * * * * *

子どもの気持ちに寄り添った声かけで、信頼関係を築く

親の心構えとして、100%子どもに寄り添う覚悟をしてほしいと思います。「お母さんはいつも味方」「お母さんはどんなときも守ってくれる」と、幼いわが子に信頼されるためには、毎日の声かけは非常に重要です。

たとえば、子どもが困っているときには、「それは困ったね」「それは大変だね」と子どもの状態に深く理解を示し、転んで足をすりむいて泣いているときには、「痛いよね」と痛さを想像することから出てくる、心から子どもを思いやる言葉をかけることです。


『子どものやる気がどんどん上がる魔法の声かけ 3男1女東大理三合格の母が12歳までにかけた言葉』(著:佐藤亮子/中央公論新社)

また、子どもが話しかけてきたとき、たとえ家事で忙しくしていても、「忙しいから後で」「ちょっと待って」などとは決して言わず、お母さんのやっていることは中断して、「は〜い」「なあに」とすぐに話を聞いてあげましょう。

子どもに「後でね」と言っても容易に家事は終わりませんから、子どもはかなり待たされることになります。子どもの膨らんだ好奇心は、「後でね」の一言でシューッとしぼんでしまいます。

幼いときの信頼関係で今後が楽に

そのようなことが何度かあると、子どもはお母さんと話すことを期待しなくなりますから、二度と「ねえねえ」と話しかけてはくれなくなります。子どもに話しかけられたら、即座にどんなことでも中断して対応してあげることが、子どもとの信頼関係を作ることになるのです。

幼い頃には母親にくっついている子どもも、成長するにつれて自分の世界ができてきて、適度な距離感が必要になります。「ママ〜」「お母さん」と呼んで、いつも母親の側にいたがるのは幼いときだけです。この時期にできるだけたくさん子どもとおしゃべりをして、親子の信頼関係を築きましょう。

幼いときに信頼関係を築くことができれば、その後の子育ては楽になりますよ。子どもはどんどん大きくなりますが、小さなときに培った関係があると後々受験や学校などの話もできます。

同じ家のなかに住んでいるのですから、心から頼れる親の存在は非常に重要です。このような環境に囲まれてはじめて、子どもは精神的に落ち着き、一生懸命に勉強をすることができるのです。

逆に、幼い頃に親子であまり話をせずに、子どもを怒ってばかりだと、だいたい小学校中学年以降に反抗して親の言うことを聞かなかったり、ほとんど話をしなくなったりする可能性は高くなります。

そうなってから、向かい合って話をしようとしても、なかなかできません。幼い頃にたくさん声をかけ、会話をして、親子のゆるぎない信頼関係を築くことが大切です。

子どもの反応を怒らず、理由を尋ねる

何かあると子どもはさまざまな反応を見せますが、その反応には必ず理由があります。お母さんが期待していた反応ではなかったからといって、怒ることはやめましょう。お母さんがやるように言ったことを、子どもが「イヤだ」と言ってやらないときには、「どうしてイヤなの?」「なぜやらないの?」と理由を尋ねましょう。

このとき、感情的な言い方ではなく穏やかな言い方がいいですね。詰問するような言い方をすると子どもは黙り込んでしまって会話が続きません。結局理由もわからないままになりますから、口調は穏やかに。

子どもの反応を怒鳴ると、子どもは怖くなって理由を言えなくなってしまいます。親子の会話で子どもに恐怖心を抱かせるのは一番まずいやり方です。

子どもが嫌がる理由がわかったら、どう対処すればいいかもわかってきますから、まずはゆっくり話し合うことから始めましょう。このような何気ない会話の積み重ねによって、親子の信頼関係が生まれます。

同様に、子どもが泣いているときに、「泣いている」という行動に対して「泣くのをやめなさい」「いつまで泣いているの。みっともない」などと言うのもよくありません。

子どもは泣きたいワケがあって泣いているのですから、泣いているということを怒るのではなく、「どうして泣いているの?」とまず理由を尋ねましょう。

理由を尋ねずに、泣いているという子どもの態度を怒ると、さらに子どもは泣き出し、親もそれにイライラしてさらに怒るという悪循環になりかねません。「子どもの反応を怒らず、まず理由を尋ねる」ということを常に頭に置いて、冷静に対処しましょう。


子どもに伝えるときに「〜しなさい」という命令口調だと、そのことに反対の意見を持っていてもとても言い出せません(写真提供:photoAC)

「叱る」ことと理由の説明はセットで

子どもに何かをさせたいときに、ただ「〜しなさい」と命令したり、叱るときにただ「〜したらダメでしょ!」と言ったりしていませんか。子どもも言葉を尽くして説明すれば理解しますので、必ず、理由を話してあげてください。

私は、「〜しなさい」と威圧的な命令口調では言わないようにしていました。命令されるとイヤなものですからね。そのことをすべき理由を丁寧に説明したうえで、「〜した方がいいと思うよ」というような感じで言っていました。「〜しなさい」という命令口調だと、子どもはそのことに反対の意見を持っていてもとても言い出せません。

でも、親が「〜した方がいいと思うよ」という言い方をすると、気楽に自分の思ったことを親に話すことができます。子どもに有無を言わせずにやらせるのではなく、常に子どもの意見に耳を傾けることが大切なのです。

子どもの言い分を一切聞かずに、無理矢理やらせていると、いつしか子どもの心にはストレスが溜まり、不満が爆発します。

叱るときも、そのことをやってはいけない理由を説明してあげましょう。「〜したらダメでしょ!」と叱るときには、母親は甲高い声、父親は恫喝するような大きな声になりがちです。理由も言わずにこのような声で叱ると、子どもの頭のなかには怖い記憶だけが残り、何を叱られているのかわかろうとする余裕すら持てません。経験値がまだ低い子どもは、大人の常識をよく理解していませんから丁寧な説明が必要です。

また、理由を説明せずに「〜したらダメでしょ!」とだけ言うと、子どもは理由がわかりませんからまた同じことをやってしまい、親はそのことをまた怒るという悪循環に陥りやすいです。そうなると、親も子も毎回不愉快な思いをしますよね。

私は、何事も「なぜ?」ということを大事にしていました。理由のないことで人を説得することはできませんし、何事も理解して納得したら前に進むことができると思っているからです。

注意の仕方で子どもの思考力が変わる

子どもに命令口調で「〜しなさい」「〜してはダメ」というだけではなく、言うことを聞かないときに叩く親もいるようですが、体罰は絶対にやめてください。叩いた親は忘れていても、叩かれた子どもの心には大きな傷が残り、大人になっても忘れないという話はよく聞きます。

子どもは親に世話をしてもらわないと生きていけません。立場としては圧倒的に親が強い。そのせいか、「言うことを聞きなさい!」と上から目線で命令する親は少なくないようです。でも、子どもは親の所有物ではないし、体が小さいだけで大人と同じ感情を持っていますから、他人に言わないような暴言を、わが子だから言ってもいいなんてことはありません。子どもを一人の人間として尊重し、丁寧に話すことが大切です。

なかには、子どもが言うことを聞かないときに、「お父さんに叱ってもらうよ」「先生に言うからね」などと言っている方もいるかと思います。でも、これらの言葉は脅し文句にしかならないので、当然子どもは納得できません。子どもが言うことを聞かないからといって、叱ることを誰かに丸投げするのはよくありませんね。

怖がらせて言うことを聞かせていると、恐怖のため子どもは思考が停止し、心のなかに不満が少しずつたまっていきます。そして、成長したある日突然、不満が爆発するかもしれません。そう考えると、上から目線で命令するのではなく、一人の人間として丁寧に説明することの大切さがわかると思います。

何度言っても子どもが納得せず、意見が対立して言うことを聞かないときに、「お父さんに叱ってもらうよ」はNGですが、「お父さんの意見も聞いてみようか」という声かけはいいと思います。

お父さんの意見も聞くことによって、「お父さんもお母さんと同じ意見なんだ」と納得することもあれば、「お父さんのような考え方もあるんだ」と新たな発見をすることもあるでしょう。

脅して言うことを聞かせるのではなく、子どもに考えさせて、自分の意見を言わせることは、思考力、表現力の土台になります。

※本稿は、『子どものやる気がどんどん上がる魔法の声かけ 3男1女東大理三合格の母が12歳までにかけた言葉』(著:佐藤 亮子/中央公論新社)の一部を再編集したものです。