iPhone14 Proシリーズではフロントカメラおよびセンサー用として、「i型」(ピルとピンホールの組み合わせ)のホールが採用されると予想されています。
 
リーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)が、これらホールに何が配置されるのか、詳細な情報をツイッターに投稿しました。

iPhone14 Proシリーズのセンサー類のレイアウト

ShrimpApplePro氏によると、iPhone14 Proシリーズのピル型ホールの左(1)にはドットプロジェクターと投光イルミネーター、右(2)には赤外線カメラ、ピル型ホールの下(3)には環境光センサー(注:iPhone13シリーズでは画面下に配置という記述は間違い。あとから本人も否定)、ピンホール(4)にはフロントカメラが配置されるとのことです(トップのモノクロ画像。Twitter投稿では左側)。
 
環境光センサーについては画面下に配置される可能性もあるものの、ディスプレイを通すと赤外線が機能しない危険性があることから、ピル型ホールの下に配置されるだろうと同氏は推測しています。
 
同氏はTwitter投稿の右側のカラー画像の配置予想については完全に否定しています。
 

 
 
Source:ShrimpApplePro/Twitter
(lunatic)