体の巡りを改善。お腹ぽっこり、便秘…etc.【お腹周りの悩みを解決に導く】簡単習慣

写真拡大


1日中“座りっぱなし”の毎日という方ほど、いつの間にか身体は縮こまり、お腹周りに贅肉がついたり、内臓の機能が低下したりなどの不調が現れることがあります。そんな方こそ習慣に採り入れたいのが、お腹周りを伸ばすだけでなく、内臓まで活性化してくれるヨガの簡単ポーズ【アルダマツィエンドラーサナ】です。

🌼寝る前の実践でOK。お腹周りのたるみ引き締め&内臓脂肪の燃焼を促進する簡単習慣

 

アルダマツィエンドラーサナ


座ったままお腹をねじってお尻までストレッチするポーズで、内臓の働きを活性化していきます。

 

(1)床に両脚を伸ばして座る

▲背筋をまっすぐ伸ばし、骨盤を立てます

 

(2)右脚を曲げて左腕で抱え、右手を身体の後ろに置く

 

(3)骨盤をまっすぐ立てたまま上半身を右方向にねじっていき、ねじりきったところでゆっくり3呼吸(約30秒間)キープする

▲お尻は床にピタッとくっつけたままにします

 

続けて反対方向も同様に実践します。なお、期待する効果をきちんと得るためには「骨盤をまっすぐに立てて、お腹をねじりきること」がポイント。お腹を細く長く引き上げることをイメージしましょう。また、上半身をねじる時の目線は真後ろを見るように意識し、顎が不自然に上がったり下がったりしないようにも注意してください。

お腹の引き締めや便秘予防などお腹周りの悩みを一度に解決してくれるこのポーズはリラックス効果が高いのも魅力。ぜひ習慣化して、見た目も内側もすっきりとしたお腹周りに整えていきましょうね。<ヨガ監修:Minami(インストラクター歴4年)>