前節で今季リーグ戦初先発を果たし、公式戦10点目を挙げた南野。運命の最終節でもベンチ入りした。(C)Getty Images

写真拡大

 現地時間5月22日に開催されるプレミアリーグ最終節で、8位のウォルバーハンプトンを本拠地アンフィールドに迎える、2位のリバプールがスタメン11人を発表した。

 大幅なターンオーバーを敢行した前節の古巣サウサンプトン戦(〇2―1)で、今シーズンのリーグ戦初先発を果たし、鮮烈なゴールを挙げた南野拓実が、2試合連続でベンチ入りした。

 リバプールと、今節で14位のアストン・ビラと対戦する首位マンチェスター・シティの勝点差は「1」。シティがスティーブン・ジェラード監督が率いるビラに引き分け以下で、リバプールがウルブスを破った場合は、逆転優勝が可能だ。
【動画】豪快にニア上をぶち抜く!南野が前節の古巣サウサンプトン戦で決めた今季10点目をチェック!
 勝点が並んだ場合は、現時点でシティが得失点で「6」リードしているため、リバプールはかなり分が悪い状況となっている。

 すでにリーグカップとFAカップを制し、28日にはレアル・マドリーとチャンピオンズ・リーグ決勝を戦うリバプールは、前人未到の4冠達成へ望みを繋げるか。ジェラード監督のほかに、フィリッペ・コウチーニョ、ダニー・イングスと元リバプールの選手も在籍するビラのアシストを祈りつつ、まずは確実に勝点3を積み上げなければならない。

 運命の最終節は、日本時間23日0時に全会場同時キックオフだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部