ゲーム開発・販売大手Electronic Arts(EA)が、Appleへの売却を検討していた模様です。米メディアPuckが伝えています。

Appleが候補に挙がっていた

同メディアによると、EAの最高経営責任者(CEO)であるアンドリュー・ウィルソン氏は過去数年間にわたり、複数の買収先を検討、話を持ちかけており、その候補にはApple、Disney、Amazonが含まれていたそうです。

買収が続くゲーム業界

ゲーム業界では2022年になってから、買収が続いています。1月にはソニー・インタラクティブエンタテイメント(SIE)が、Xbox独占ゲーム「Halo」やマルチプラットフォームゲーム「Destiny」を手掛ける米ゲーム企業Bungieを36億ドルで買収。Take-Twoは同じく1月に、ソーシャルゲーム大手のZyngaを127億ドルで買収しました。
 
またMicrosoftも1月に、ゲーム大手Activision Blizzardを687億ドルで買収しています。
 
PuckによるとEAは買収の条件として、ウィルソン氏がCEOに留まることを挙げていたようです。

Appleは大規模買収には消極的?

AppleはゲームサブスクリプションサービスApple Arcadeを開始するなど、徐々にゲーム業界における影響力を広げていますが、米メディアAppleInsiderは、EAのような大手の買収に踏み切ることは考えにくいと記しています。
 
Appleは多くの買収を行っているものの、これまでで最大金額のものは2014年のBeats MusicとBeats Electronicsの買収で、30億ドルでした。

 
 
Source:Puck via AppleInsider
(lunatic)