写真はイメージです

写真拡大

コロナ禍を機に、オンラインカジノへのアクセス数が急増。24時間365日プレイできる点、射倖性のある演出などが人気を呼んでいるが、ハマりすぎて借金や家庭崩壊などに至る人が続出している。その実態を追った。

◆気がつけば賭け金が膨らみ、24時間生活を侵食

公営ギャンブルが盛んな「ギャンブル大国」日本の地下で勢力を拡大している、オンラインカジノ。デジタル分析支援会社「シミラーウェブジャパン」の調査によると、日本からのアクセス数は’18年12月では約64万PVにすぎなかったのが、コロナ流入が確認された’20年1月には約7820万PV、’21年8月には約8300万PVにまで急増。実に100倍以上の増加となった。

現在、日本国内でのオンラインカジノ参加者は約200万人とも言われており、巣ごもり需要を背景に一気にユーザーを獲得した形だ。

スマホからでも簡単に入会・アクセスでき、最小0.2ドルからプレイ可能。サイトによっては還元率は97%、高額の当たりも珍しくない。そうした仕組みのせいか、あるギャンブル依存症治療関係者は「昨今はパチスロ、競馬などにオンラインカジノを含めた複合型の依存者が増えている」と話す。

◆借金を作り離婚に至ったケースも

ギャンブルによる借金の中には、オンラインカジノによるものも少なくないと推測される。

船橋透さん(仮名・会社員・38歳)は初回登録時に入金額分付与されるボーナスを魅力に感じ、軽い気持ちで200ドルを入金した。

「YouTubeで見た『ムーン・プリンセス』という、ブロック崩しのようなゲームでした。当初は1ゲーム0.6ドルで始め、30分ほどで300ドルに。当たった時は、喜ぶよりも賭け金が少額であったことを悔やみました。それで賭け金を5ドルに上げると、15分ほどで入金分を含めすべて消えました」

クレジットカードからの入金のため散財した実感もなかった。結果、20万円ほど負け、妻に内緒で家計の不足分を消費者金融で借りて補塡。より大きな勝ちを求め1回10ドルにしても翌日には溶かした。

気がつけばカードは限度額の100万円に達し、消費者金融への返済も滞るように。そこで初めて妻に告白すると、怒り、嘆かれたが、結局2人の定期預金を崩し支払った。その後、流れるように離婚に至ったという。

海外旅行で経験した本場のカジノが忘れられずにいた田中信吾さん(仮名・会社員・39歳)は、それがオンラインでも出来ることを知ってのめり込んだ。

「ビデオスロットのボーナスゲームで高額が当たった際には、脳汁がドバドバ出ました。ボーナスゲーム自体の時間は短いので、終わってもう1回当選するまでやろうと考えてました。『オートスピン』を設定して移動中や仕事中に回していましたが、ボーナスゲームが気になり、スマホを見るために仕事中に何度もトイレに篭りました」

◆勝っても負けても理性がたやすく吹っ飛ぶ

ブラックジャックやポーカーでは、ディーラーや相手の高めの手に対して勝てたときも興奮が止まらなかった。理性が飛ぶのは、勝ったときよりも負けたときだった。

「次は勝てるという謎の確信を持って入金し続けてしまう。負けた日の夜は生活費や光熱費をどう払おうか考えて眠れませんでした」

すぐに生活が逼迫し、総額30万円ほどをカードローンから借りた。脱却のきっかけは奇しくもほかのギャンブルだった。

「その後会社を辞め、パチスロの専業として安定した収入を得られるようになったのでやめました」

毒をもって毒を制したというべきなのか……。そして高木雄介さん(仮名・会社員・32歳)は、依存状態の原因をこう主張する。

「一回の入金額は2万〜3万円程度で少ないほうですし、負けても別のサイトに登録して初回入金100%ボーナスがつけば実質チャラ。サイトは腐るほどあるので、それほどダメージはないです」