DeNA・大貫(中央)は粘りの投球で2勝目[写真=萩原孝弘]

写真拡大

○ DeNA 3 − 1 ヤクルト ●

<7回戦・横浜>

 DeNAは三浦大輔監督の積極継投策がズバリ的中。自慢のリリーフ陣が無失点ピッチングを披露し、ヤクルト3連戦の初戦をモノにした。

 先発の大貫晋一は立ち上がり、トップバッターの塩見泰隆に四球を許し、いきなり盗塁を仕掛けられるも、女房役の嶺井博希が二盗を阻止するナイスアシスト。続く山崎晃大朗にはクリーンヒットを打たれ、山田哲人への初球のカーブがワンバウンドとなり一走・山崎が二塁進塁を狙うも、またしても嶺井が好送球で刺しピンチを救ってみせた。

 嶺井が作ったリズムに打線も乗り、ヤクルトの先発・高梨裕稔から先頭の桑原将志が右二塁打、楠本泰史は犠打で送り、ネフタリ・ソトの左中間適時二塁打で幸先よく先制。すると4番・牧秀悟も適時二塁打で続き、直後のワイルドピッチで牧が二塁から長駆ホームインする好走塁。一気に3点を先取して試合の主導権を握った。

 斎藤隆投手コーチが「思い通りに投げられず、調子自体はあまり良くないと思う」と評した通り、大貫は「なかなか自分の思った通りのボールを投げれず、試合の中でも修正することができませんでした」と自身の投球を振り返ったが、調子が悪いなりにも5回1失点と粘りのゲームメイク。及第点でマウンドを降りた。

 2点リードで継投に突入したDeNAは6回、トップバッターから始まるヤクルト打線を相手に、ここまで9試合無失点継続中の平田真吾を投入。いきなり四球を許すも山崎、山田を内野ゴロに打ち取ると、村上宗隆には左腕の田中健二朗をつぎ込み、得意のカーブとストレートのコンビネーションでピンチを切り抜けた。

 7回は安定感抜群の伊勢大夢、7回はエドウィン・エスコバー、最終回は山粼康晃と、勝利の方程式がしっかりと機能。理想のリレーで勝利を手中に収めた。

◆ 指揮官も手応え「ナイスゲーム」

 三浦監督は、初回の先制パンチに「立ち上がりうまく攻撃でき、先制点をいい形で取れたと思います」と評価。3点目の牧の激走には「常に狙っているからこそできるプレー。良い判断だったと思います」と満足気に振り返った。

 今季2勝目を掴んだ大貫については、「調子自体は悪かった。本来の大貫のコントロールが今日は出せなかった」としたが、「その中でも悪いなりに踏ん張ったと思いますし、嶺井のリードもありバッテリーでも踏ん張った」と5イニングを1失点でこらえた投球を評価した。

 6回からの平田投入には「好調だということもありますし、6回を平田、健二朗で乗り越えて後ろにつなげていけるか」との作戦だったと明かし、平田には「先頭のフォアボールは反省しないといけないが、その後は経験で慌てずに平田らしく踏ん張った」、田中健には「カーブで入れてその後ストレート。いいリリーフをしてくれました」と勝負所での“89年組”の働きを高評価していた。

 また、7回のマウンドを託した伊勢は、開幕から続けている連続無失点記録を「20試合」に更新。指揮官は「毎試合毎試合、今日の試合をどうするか、どう抑えるかを考えてやってくれているからこそ」と、リーグ最多登板の右腕を労った。

 先行逃げ切りでの快勝に指揮官も「ナイスゲーム」と微笑んだカード初戦。名古屋からのいいムードを続け、一気呵成に“反撃”の狼煙を上げる。

取材・文・写真=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)