まさかの夫の態度に唖然… 不倫夫に振り回された30代妻の「予想外の結末」【後編】

写真拡大 (全3枚)

自他ともに認める愛妻家だったという夫の不倫を知った妻の愛海さん(仮名・36歳)。ある日、夫の不倫相手から連絡があり、二人で会うことになりました。そこで不倫相手の女性に「慰謝料として相場以上のお金を払うので、夫と早く離婚してほしい」と告げられます。その日の出来事が決め手となり、離婚を決意した矢先、夫の態度が急変。その後、事態は予想外の方向へ向かったと言います。いったい何があったのか、メンタル心理カウンセラーの並木まきが、その後の夫婦の結婚生活について彼女にうかがいました。

夫に離婚の意思を伝えると状況は一変

お金さえ払えば解決すると思い、自分本位な行動ばかりする不倫相手に疲れ果てていた愛海さん。ただでさえ夫の不倫を知り苦しんでいたのに、そこに追い討ちをかけるように不倫相手から身勝手な行動をされ、精神的に滅入ってしまったそうです。

そして、「もうこんな生活は嫌だ」と離婚を決意。夫に対し、離婚の意思を伝えることにしたとのことでした。

「夫には、不倫相手が私に会いたいと言ってきて会ったことと、その場で『慰謝料として相場以上のお金を払うので、夫と早く離婚してほしい』と言われたことを伝えました。

すると、夫は不倫相手が私に会いに来たことは知らなかったようで、『それはさすがにやりすぎだ』と言い、怒り出したのです。

不倫をしている本人ですから、不倫相手に怒れる立場ではないと思いましたが、とにかく激怒し始め、その場で不倫相手に電話をかけて怒鳴りちらしていました」

その後、夫は愛海さんに対して「離婚はしたくない」と伝えてきて、さらには「今すぐ不倫相手とは縁を切るから許してもらいたい」と、これまでの夫とはまるで別人のような態度をとるようになったのだそう。

夫は不倫相手との関係を清算。夫婦仲は再構築中

その日を境に、夫は不倫している様子がなくなり、家族に対して反省の色を強く見せるようになったとのこと。愛海さんは複雑な心情を抱えながらも、夫婦仲を修復しようとしている夫を受け入れようと努力していると話していました。

「不倫相手と別れたからって、夫が2年以上も特定の女性と不倫を続けていたことを、すぐに許せるわけではありません。ただ、夫が今回の不倫を通じて“妻の大切さを再確認した”と言っているので、その言葉をいったんは信じてみようと思ったのです。

少なくとも子どもが成人するまでは、夫がそばにいてくれたほうが子どもにとってもいいだろうと思い、私は今、夫との夫婦仲を修復できるようにと色々と考えているところです。

夫が本当に家族を大切に思っているかは、これから何年か時間が経たないと判断できないことかもしれませんが、少なくとも、不倫をする前よりも家族を大事にしようと夫が努力をしていることは伝わってきています。

いつか夫の不倫が笑い話のようになればいいなと思いながら、今は穏やかな生活が戻ったことにホッとしていますね」

夫の不倫が発覚すれば、夫婦仲には大きな亀裂が入ります。一度の過ちを許し、夫婦仲を修復すると決めても、以前の状態に戻るまでには大きな努力が必要となるでしょう。ただ、いつか反省した夫を許せる日が来たとき、“雨降って地固まる”というように、夫婦の絆が以前にも増して強くなることもあるのかもしれませんね。

©Isabel Pavia/gettyimages©monzenmachi/gettyimages

文・並木まき