レンジャーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

写真拡大

敵地・レンジャーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場

■レンジャーズ ー エンゼルス(日本時間19日・アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、敵地・レンジャーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。5回まで6奪三振4安打1失点と好投し、今季4勝目の権利を手にした。最速100.5マイル(約161.7キロ)。

 初回、先頭・ミラーの中前打、シーガーの四球で1死一、二塁のピンチを招いた。ここでエンジン全開。ガルシアを遊飛、元同僚のカルフーンは今季最速100.5マイル(約161.7キロ)で空振り三振に切り捨てた。2回は先頭ハイムを出したものの、続くロウを遊ゴロ併殺打。3回は3者凡退に抑えた。

 2点リードの4回は2四死球などで1死一、二塁とし、ハイムに左前適時打を献上した。ハイムには前回登板で満塁弾を浴びるなど、今季はこの時点で4打数4安打となった。5回も無失点に抑えた。バットでは初回1死一塁では一ゴロ併殺打、4回無死で空振り三振に倒れた。3試合ぶり9号、日米通算150号本塁打の到達に期待がかかる。

 4月14日(同15日)の敵地・レンジャーズ戦では3回2/3で6安打6失点でKO。ジョナ・ハイム捕手にメジャー初の満塁弾を浴びるなど2敗目を喫した。雪辱の勝ち星となるか。(Full-Count編集部)