Appleは現地時間5月17日、ライブキャプションApple Watchミラーリングドア検知機能3つの新たなアクセシビリティ機能を紹介しましたが、これらの機能はiOS16での機能拡張の片鱗を見せているのではないか、と米メディアMacworldは独自の意見を述べています。

ライブキャプションは音声認識の洗練を物語っている

Appleの新アクセシビリティ機能の1つであるライブキャプションは、電話やFaceTimeでの通話、ビデオ会議やソーシャルメディアアプリの利用、メディアコンテンツのストリーミング、隣にいる人との会話など、あらゆる音声コンテンツにリアルタイムでキャプションを付けてくれます。これは、昨年のiOS15で導入されたオンデバイスの音声処理の拡張機能であり、Appleの音声認識機能の洗練度が大きく向上していることを物語っている、とMacworldはコメントしています。
 
iOS16でSiriのコマンド認識能力が向上しているかどうかはわかりませんが、進化した音声認識により利益がもたらされるアプリとして、「メモ」が挙げられ、録音した音声や動画からテキストを作成する“書き起こし”が行えるようになるのではないか、とMacworldは予想しています。

Apple Watchミラーリングが新たなAirPlay機能を切り拓く?

2つ目の新アクセシビリティ機能であるApple Watchミラーリングで、iPhoneの音声コントロールやスイッチコントロールなどのアシスト機能を使ってApple Watchのディスプレイをタップする代わりに、音声コマンド、サウンドアクション、ヘッドトラッキング、外付けのMade for iPhoneスイッチでデバイスをコントロールすることができるようになります。
 
これは、 iPhone、iPad、iPod touchからビデオをストリーミング/画面をミラーリングするためのAirPlayでは現在行うことのできない所業であり、今後AirPlayで高度なタッチコントロールの信号を送ることができるようになる可能性を示唆している、とMacworldは述べています。
 
おそらく開発者向けの新たなAirPlayフレームワークが導入され、次第にiPhoneでApple Watchだけでなく、MacやiPadもミラーリングでコントロールできるようになるかもしれない、とのことです。

ドア検知機能は物体認識の向上を示している

3つ目の新アクセシビリティ機能であるドア検知機能は、ユーザーが新しい目的地に到着したときにドアの位置、そこまでの距離を把握し、ドアが開いているか閉じているかを検知、また閉じている場合には押す、ノブを回す、ハンドルを引くなど、どの方法でドアを開けられるかを提示してくれます。また、オフィスの部屋番号やバリアフリーマークの有無など、ドア周辺のシンボルも読み取ることができます。
 
同機能はLiDARを搭載したiPhoneおよびiPadのみが対象となっていますが、Appleの物体認識の向上を示すもので、WWDCで開発者向けの新しいARKitフレームワーク機能のデモが披露されても驚かないほうが良い、とMacworldは語っています。
 
 
Source:Macworld
Photo:Apple
(lexi)