カブス・鈴木誠也【写真:ロイター】

写真拡大

4回1死三塁、筒香の犠飛を“阻止”して得点を許さなかった

カブス 7ー0 パイレーツ(日本時間18日・シカゴ)

 カブスの鈴木誠也外野手が17日(日本時間18日)、本拠地で行われたパイレーツ戦でメジャー初の補殺を記録した。筒香嘉智内野手の犠飛を阻止したドンピシャのストライク送球に「これはキャノンだ!」「誠也くんの肩の凄さをやっと見てもらえた」とファンが熱視線を送っている。

 4回1死三塁、「4番・右翼」で先発出場していた鈴木は、筒香が打ち上げた右翼線際の打球をキャッチすると、すかさずバックホーム。ワンバウンドで捕手コントレラスのミットにおさまる完璧な返球となった。三塁走者のボーゲルバックが122キロの巨漢を揺らして本塁へ突入したがアウトとなった。

 カブスの公式ツイッターが映像を公開すると「これがゴールデングラブ賞を5回受賞した男だ」「誠也で、それはムーリー」と絶賛の声が。しかしそれ以上に注目を集めたのが、必死に腕を振り体を左右に揺らしながら激走するボーゲルバックだ。「筒香、誠也よりランナーのインパクトが勝った」「誠也のバックホーム見ようと思ったのに、ランナー可愛すぎじゃん(笑)」「三塁ランナー愛くるしいw」と虜になるファンが続出していた。(Full-Count編集部)