整形や“やらせ疑惑”、18歳下夫の正体などで物議醸した韓国女性タレント、「自粛中の流産」告白

写真拡大 (全3枚)

バラエティ番組での“やらせ”を認めて自粛していたタレントのハム・ソウォンが、1年ぶりの復帰となった番組で流産の痛みを告白した。

【写真】ハム・ソウォン、“整形後”の顔を初公開

5月17日に放送されたチャンネルSのバラエティ番組『進撃のおばあさん』にはハム・ソウォンが登場し、姑とともに悩みを打ち明けた。

ハム・ソウォンは同日の放送の最後に流れた予告に登場した。やらせ問題以降、約1年ぶりに復帰した彼女は、「家族と多くの時間を過ごした」と近況を伝えた。

また「耐え難い時間にさらに悲しいことを体験した」とし、「子供を失う悲しみを体験した。その後、夫は子供の話を持ち出すこともできないようにした」と明らかにした。

(画像=『進撃のおばあさん』)ハム・ソウォン

そして「どれほど心が痛かっただろうか」という言葉にハム・ソウォンは、「子供が再び生きてきそうだ」と嗚咽した。ともに出演した姑はハム・ソウォンを抱いて慰めていた。

ハム・ソウォンは昨年、出演中だったテレビ朝鮮のバラエティ番組『妻の味』(原題)で“やらせ論議”に包まれ、それを認めて出演中だったすべての番組から降板した。『妻の味』側は当時、「ハム・ソウォン氏に関連する一部のエピソードに誇張された演出があったことを遅れて把握することになった。放送番組の最大の徳目である信頼を毀損した点について、全面的に責任を痛感する」と伝えた。

(画像=『進撃のおばあさん』)ハム・ソウォン

ハム・ソウォンの“やらせ論議”によって、『妻の味』は不名誉な終映という破局を迎えた。ハム・ソウォンもやらせを認め、出演中だったすべての番組から降板したのはもちろん、ホームショッピングなどからも退場となった。その後、ハン・ソウォンは自粛の時間を過ごし、SNSを通じて製品を広報しながら復帰を目指した。

やらせを認めた後、初めて放送に出演するハム・ソウォンが『進撃のおばあさん』で当時の心境を明らかにするかが注目される。またハム・ソウォンの悩みに、芸能界の先輩であり、人生の先輩であるキム・ヨンオク、ナ・ムンヒ、パク・ジョンスがどんなアドバイスをするのかも期待される。

ハム・ソウォンの出演する同番組は、来る5月24日20時に放送される予定だ。