プリンはとろとろ派!という人にはたまらない商品が、ローソンから登場しています。

それが、2022年5月10日から販売中の「生カスタードプリン」。

SNS上では「生シリーズの中で一番好き」「絶品やった」「めっちゃうま!!!!」「舌触りも非常になめらか」などの感想がみられる、新作スイーツです。

プリンの上にカスタードソースがとろり

ローソンの「生カスタード」シリーズ第3弾の商品です。これまで、シュークリーム、エクレアを販売してきましたが、今回はカスタードを使ったプリン。価格は235円です。

ここ最近、昔ながらの喫茶店で出てくるような、かためのレトロなプリンが様々なお店から登場していますが、「生カスタードプリン」はそれとは反対で、とろとろ柔らかめです。

注目は、プリンの上にかかった、濃厚なカスタードソースです。これがとろっとろで、カップが少し揺れるだけで、ソースも動いてしまいカップの縁に付くほど。

スプーンを刺してみると、するっと入ります。まずは表面だけをすくって食べてみます。

口に入れると、勝手にとろ〜っと溶けていき、驚きました。飲めるプリンのような、まさにとろける食感。とってもなめらかです。

カスタードの味は、良い意味で控えめで上品です。優しい甘みと、新鮮な卵の味わいがシンプルに引き立っているように思いました。

少し深めにすくってみると、カラメル部分の茶色が見えてきました。

プリン自体も非常に柔らかく、また、卵の風味がしっかり感じられます。同商品には、「プレミアムエッグ」の卵黄を使っているそう。

最初に食べた表面部分もそうでしたが、全体的に作りたてのような、フレッシュな印象のプリン。商品名にもある通り「生っぽさ」があり、記者は、これまでになかなか味わったことのないタイプです。

さらに深く、カップの底までスプーンを刺すと、カラメルソースが出てきました。

カラメルは、ほろ苦さはあるものの、こっくりとした甘さも感じられます。プリンと一緒に食べるとカラメルの香ばしさと卵の風味がマッチして、ひと口、またひと口、と止まらなくなります。

最初にカップを見た時は小ぶりだな、と感じましたが、濃厚で甘みが強いため、このサイズでも程よく満足できました。熱量は1個あたり203kcalです。

プリン好きはチェックしてみて。