ギクシャクしたくない!上手く彼に【不満を伝える方法】3選

写真拡大

ずっと仲良しカップルでいたいと考えていても、不満はわいて出てきますよね。しかし不満を伝えると嫌われるのではと考えると、なかなか相手に伝えられません。

そこで本記事では、ずっと仲良しカップルでいたい人のために、ギクシャクせずにスムーズに不満を伝える方法についてまとめました。

注意点などもまとめたので、ぜひ最後までご覧ください。

■不満があれば1日以内に伝える

彼氏に対して不満があるのであれば、24時間以内に伝えるようにしましょう。不満をガマンし自分の中にため込んでしまうと、キャパが超えたときに思わず口からぽろっと不満がこぼれてしまいます。

男性が嫌なのは、「過去のことを掘り返される」ことなのだそう。女性も男性が「前から思っていた」と言われれば、「言ってくれれば良かったのに」と思いますよね。

不満はなるべく小出しにして、すぐに解消していくのがおすすめです。

■伝え方はあくまでも「お願い」

不満を伝えるときは、あくまでも「お願い」するようにしましょう。また理由を伝えるのがおすすめです。

「嫌だから」という感情ではなく、「お皿を長時間放置すると洗うのが大変だから」「ここにボール置いておくと転んでしまうから」など具体的な理由を伝えるのがおすすめ。

感情を伝えるときは、本当に生理的に無理なときにとどめましょう。

■彼氏の受け取り方を研究する

こちらが気を遣って伝えたとしても、彼氏からすれば「それは気を遣っていない」と感じるケースもあります。逆にこちらが思わず口から出てしまった不満に対して、「気を遣ってくれてありがとう」という彼氏もいるでしょう。

あなたの感じ方と彼氏の感じ方は別なので、彼氏の受け取り方の癖を研究するのがおすすめです。

「私はこう言われたら嫌なんだけど、彼氏は良いんだな」という発見もあるかも知れません。いろいろと試してみてください。

■ギクシャクしないように不満を伝えよう

ギクシャクしないためには、小さな不満をその都度解消していくのがおすすめです。不満を大きくしてしまうと、解決にも時間がかかります。

すぐに綺麗にしておくことで、後が楽ですよ。(ライター/笹原ゆゆ)

(ハウコレ編集部)