テクニックいらずの最強メイク術を聞いてきました

写真拡大

メイクやヘアスタイリングに手をかけたところであまり変化が感じられない…。どうせ変わらないからもういいや…。忙しいし…。とケアが億劫になっている方、いらっしゃいませんか?

【画像を見る】顔色の悪さとツヤのなさを解消するだけで見た目印象はかなり違う

私がまさにそのひとりなのですが、もしかすると相手に「お疲れなのかな?」「不機嫌なのかしら?」というネガティブな印象を与えてしまっているかもしれません…。

というわけで、毎日忙しい人もテクニックいらずで劇的に印象が変わるメイク&ヘアスタイリング術を、ヘア&メイクアップアーティストの広瀬あつこさんに聞いてきました。

ポイントは、

? 血色を補うこと

? 眉毛を描き足すこと

? 髪のパサつきを整えること

の3つです!

■血色さえ補えば、生き生きした印象に!

顔色の悪さとツヤのなさは、「老け見え・お疲れ顔」の元凶。ここを解消するだけで見た目印象はかなり違うので、トーンアップしてくれるピンク色系のメイク下地(日焼け止め)と、血色をアップするチーク&リップを持っておくと便利です。

練りタイプの血色チークは少量のメイク下地とよく混ぜてから頬にのせて。肌に自然になじみつつツヤ感アップ。さらにカバー力がプラスされます。

肌にツヤを出した分、血色リップはソフトマットでイマドキ感を。

全部がギラギラして見えるとトゥーマッチなのでここで引き算しましょう。

■マスクから出ている「眉」は超重要!清潔感を意識して

このマスク時代、マスクから出ている「眉」の部分の印象は非常に重要です!

特に昔、眉毛を抜いてしまっていた人は、眉毛が薄くなっていることも。

描き足さずにいると、やる気や活気を感じられないぼんやりした印象になってしまうので、ややしっかり気味に描き足しましょう。顔の印象がぐんと引き締まりますよ。

ちなみに眉毛は時代を表すパーツですが、トレンドに左右されず、いつでも清潔感のある印象になるのは、「太からず細からずの中太眉」。

目尻の上に眉山を、口角と目尻をつなげた延長線上に眉尻を設定し、ペンシルとパウダーで隙間を埋めるようにして描きましょう。

■髪の毛のパサつきは最大の老け見えポイント!

髪の毛に欠かせないのは、ツヤ感です。

パサパサした髪はだらしなく見えしまいがち。オイルやヘアクリームを髪になじませてツヤとまとまり感を出すだけでも、かなり印象が変わります。

また、ボリューム不足によるペタンコ髪も、老け見えの元。

髪をまとめたら後頭部はしっかり引き出す、毛先に動きを出してシャープに見せる、分け目をいつもと逆にすることで立体感を出すなどのワンテクニックもぜひ、試して見てください。

全顔メイクやヘアスタイリングに時間をかける必要はありません。

大人らしい清潔感と余裕を感じさせる、時短&簡単テクニックをぜひ、試してみてください。

一度、自分の変化を感じると、楽しくなってくるはずです!

▲教えてくれたのは

ヘア&メイクアップアーティスト:広瀬あつこさん

トレンドを取り入れつつ周囲から浮かない大人のためのメイクが人気。誰でも

簡単にきれいになれるテクニックを惜しみなく教えてくれる。2児のママ。

文= 吉田圭

写真/谷口大輔・取材/吉田 圭

【レタスクラブ編集部】