47都道府県「貯蓄額ランキング」…1位と47位の差、衝撃の1,620万円

写真拡大

5月10日、総務省が発表した2021年の『家計調査』によると、3年連続、1世帯貯蓄額は増加。過去最高を記録しました。コロナ禍、お金を貯めこむ日本人の姿をみていきました。最新の貯蓄事情をみていきましょう。

日本人の貯蓄額…3年連続で増加

総務省『家計調査 貯蓄・負債編』によると、2021年、二人以上世帯の貯蓄額は平均1,880万円、そのうち世帯主が会社や官公庁等に務めている勤労者世帯(社長や取締役、理事など、会社団体の役員である世帯を除く)に限ると平均1,454万円。さらに中央値をみると、二人以上世帯で1,104万円、勤労世帯833万円でした。

平均貯蓄額は前年比5.0%増で3年連続の増加。比較可能な2002年以降で過去最高になったと発表されました。

【二人以上世帯の貯蓄額の平均値・中央値】

2021年:1,880万円(1,104万円)/1,454万円(833万円)

2020年:1,791万円(1,061万円)/1378万円(826万円)

2019年:1,755万円(1,033万円)/1376万円(801万円)

2018年:1,752万円(1,036万円)/1,320万円(798万円)

2017年:1,812万円(1,074万円)/1,327万円(792万円)

出所:総務省『家計調査 貯蓄・負債編』より

※数値左:二人以上世帯 右:二人以上世帯のうち勤労世帯

※(かっこ)内中央値

2021年は多くの期間が新型コロナウイルス蔓延防止に伴い自粛を余儀なくされ、外食や旅行などの支出が減り、その分、預貯金に回ったのではないかと分析がされています。

勤労世帯において世帯主の年齢別にみていくと、現役時代は年齢が上がるにつれて貯蓄額が増えていき、多くの人が年金をもらいだす60代でピークに達します。また会社人として収入がピークに達し、ローンや教育費がひと段落する人が増える50代で大きく貯蓄額が伸びていることが見てとれます。

また収入ごとの貯蓄額をみていくと、多少の上下はあるものの、基本的に収入が増えれば貯蓄も増える傾向にあり、サラリーマンの給与の平均値である「500〜550万円」層では、平均1,000万円程度の貯蓄があるようです。

【世帯主の年齢別貯蓄額】

〜29歳:414万円

30〜39歳:772万円

40〜49歳:1,134万円

50〜59歳:1,775万円

60〜69歳:2,207万円

70歳〜:1,883万円

【世帯主の収入別貯蓄額】

200〜250万円:492万円

250〜300万円:781万円

300〜350万円:853万円

350〜400万円:785万円

400〜450万円:912万円

450〜500万円:784万円

500〜550万円:1,067万円

550〜600万円:976万円

600〜650万円:1,119万円

650〜700万円:1,128万円

700〜750万円:1,281万円

750〜800万円:1,385万円

800〜900万円:1,671万円

900〜1,000万円:1,776万円

1,000〜1,250万円:2,081万円

1,250〜1,500万円:2,572万円

1,500万円以上:4,263万円

出所:総務省『家計調査 貯蓄・負債編』より

※二人以上世帯のうち勤労世帯の数値

「貯蓄」と「年収」の関係から見えてきた県民性

都道府県別にみていきましょう。なお実際の家計調査では県庁所在地ごとに調査を行っており、地域の実情と異なる場合があることには留意が必要です。

勤労世帯において、最も貯蓄額が多いのは「東京都」で2,372万円。昨年から292万円、貯蓄額が増えました。以下、「京都府」「奈良県」「岐阜県」「千葉県」と続きます。

一方で最も貯蓄額が少ないのが「沖縄県」で752万円。1位「東京都」とは1,620万円もの貯蓄差がありますが、「沖縄県」は昨年から201万円ほど貯蓄を増やしていました。以下「大阪府」「長崎県」「宮崎県」「佐賀県」と続きます。

【都道府県別「貯蓄額」上位5】

1位「東京都」2,372万円/978万円

2位「京都府」2,210万円/712万円

3位「奈良県」2,023万円/799万円

4位「岐阜県」1,943万円/801万円

5位「千葉県」1,913万円/795万円

出所:総務省『家計調査 貯蓄・負債編』より

※二人以上世帯のうち勤労世帯の数値

また2020年度からの増減をみていくと、最も増えたのが「京都府」で、前年から926万円増貯蓄を増やしました。以下、「岐阜県」「奈良県」「滋賀県」「青森県」と続きます。

一方で貯蓄額を減らしたのが「長野県」で前年から595万円ほど減りました。以下、「茨城県」「北海道」「長崎県」「富山県」と続きます。

「東京都」は収入が多い県でもあるので貯蓄額でも1位なのは納得といったところ。ただ「収入が多いから貯蓄も多い」とはいえないのが面白いところ。年収に対して貯蓄が多いのは「京都府」。年収の3.10倍もの貯蓄があります。以下、「奈良県」「滋賀県」「岐阜県」「東京都」と続きます。一方、最も倍率が低いのは「大阪府」で、収入の1.18倍の貯蓄しかありません。以下、「沖縄県」「大分県」「高知県」「長野県」と続きます。

また同調査で年収の全国平均749万円よりも少ないのに関わらず、貯蓄額では上回るのが、「京都府」(年収712万円、貯蓄額2,210万円)と、「三重県」(年収744万円、貯蓄額1,598万円)の2県。この二つの地域は、とても貯蓄好きの県だといえるでしょう。

一方、年収では全国平均よりも上でも、貯蓄額では下回ったのが、「福岡県」「石川県」「島根県」の3県。これらの地域は貯蓄よりも消費欲が強い県といえそうです。

もちろん、単年の結果によるものなので、地域の実情とは異なるかもしれません。何はともあれ、「収入の割に貯蓄が少ないなあ」と感じたのなら、家計を見直すきっかけにするといいでしょう。