エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

写真拡大 (全2枚)

2019年エンゼルス監督のオースマス氏はアスレチックスでベンチコーチ「対戦相手として迎えるのは好きじゃない」

 エンゼルス前監督で、アスレチックスのブラッド・オースマス・ベンチコーチが、エンゼルス・大谷翔平投手の思い出を打ち明けた。2019年にエンゼルス監督を務めたオースマス氏は「オオタニの監督をできたことは素晴らしかった。指揮しやすかったよ。とても才能豊かだし、努力家だからね」としみじみと振り返った。

 オースマス氏は2017年オフにエンゼルスのGM特別補佐に就任。フロントスタッフとしても二刀流を見てきた。監督在任中、大谷は右肘のトミー・ジョン手術のリハビリ中。それでも、昨季のMVP受賞は嬉しかったようだ。

「私が監督をしていた時は投手をしていなかった。ここ数シーズンで明らかに打者としての自分の能力を知ったと思う。契約当初、エンゼルスは昨年の彼のような選手になれると思って契約したのだと思う。これだけの圧倒的な投手かつ、得点を稼げる圧倒的な打者になれる、というのはエンゼルスの考えでもあり、夢でもあった。オオタニは確かにそれを実現した」

 監督就任1年目は72勝90敗と大きく負け越し、3年契約1年目で途中解任。今ではアスレチックスのコーチとして二刀流・大谷と対峙する。大谷封じを難しくさせているのは「足」にあると指摘する。

「チームメートにふざけて回るのが好き。でも極めて極めてハードワーカーなんだ」

「物凄いパワーがあるだけでなく、かなりのスピードもある。単打を二塁打にできるし、一塁や二塁にいる時は盗塁もできる。打席にいる時に(ホームランを打って)1人でかえってくることができるだけじゃなくね」

「パワーのある打球を打てるし、走ることもできる。オオタニがこちらに来た当初、多くの米国のファンは速い球を投げ、ホームランを打てる選手だとは知っていたが、昨年まではどれだけ足が速いか、ちゃんと知られていなかったと思う。本当に走れるんだ」

 グラウンドを離れれば、「チームメートにふざけて回るのが好き。いつでも笑顔だ」という20代の青年だ。それでも、野球への情熱は凄まじいものがあるという。

「極めて、極めてハードワーカー(努力家)なんだ。非常に聡明な(知能の高い)野球選手でもある。オオタニは他の多くの選手が持っていない能力を持っている。投打両方をしないといけないから、どちらかしかしない選手よりも多くのことをしないといけない。しかし、彼は自分の体をよく分かっている」

 14日(同15日)のダブルヘッダー第2試合では5回に7号2ランを放ち、メジャー通算100号本塁打をマークした。「対戦相手として迎えるのは好きじゃないけど。でも、自分のチームにいると楽しい選手。これまでフィールドに足を踏み入れた最も才能豊かな選手だと思っている」とオースマス氏。敵軍ベンチから温かい視線を送っていく。(小谷真弥 / Masaya Kotani)