地方在住、手取り15.8万円の男性 ガソリン代の高騰に苦しむ

写真拡大

画像イメージ

キャリコネニュースで実施している「手取り20万円以下の人」を対象にしたアンケートに、手取り15万8000円、年収およそ250万円で働く20代前半の男性(福島県/金融・保険系/正社員/未婚)からの声が届いた。男性は、生活や仕事の苦労を打ち明けた。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「給料は上がらなくてもいいので、せめて交通費は改定してもらいたい」

「田舎」で実家暮らしをしているという男性は、通勤や生活のために車が手放せない。しかし、車の維持にはそれなりのお金がかかる。男性は、

「ガソリン代が高騰するも、いまだに数十年前のキロ数換算を据え置きしている交通費……。正直給料は上がらなくてもいいので、せめて交通費は改定してもらいたいのが本音です。田舎暮らしでも、都会では払わなくてもいい税金があるのには少し痛いですね」

と不満をもらした。また、仕事そのものも大変なようで、

「金融機関に勤めていてプレッシャーが大きい反面、土日祝休みで身体の負担は軽減されますが、人員不足により有給の取得ができない面がつらいです」

「本部は有給取得を各支店に伝えているものの、私がいる営業店では誰か1人欠けると仕事がまわらず。最近だと3回目のコロナワクチン接種後、体調悪くても出勤したのにはさすがに泣きたくなりました」

と止まらない。男性の勤務先には、交通費の改定と有給取得できる環境づくりに今すぐ取り組んでもらいたいところだ。