スマホで痴漢を撃退する警視庁の公式防犯アプリ「Digi Police(デジ ポリス)」

写真拡大 (全7枚)

警視庁が開発した公式防犯アプリ「Digi Police(デジ ポリス)」を利用して痴漢が逮捕されたというニュースが話題になった。

セコム株式会社の「女性の『安全・安心』に関する意識調査(日本全国の10代以上の女性を対象-2021年11月)によると、5割以上の女性が犯罪被害の不安を感じており、3割は実際に被害を経験しているという。
また、不安を感じたことは1位「痴漢」、2位「ストーカー」、3位「ネットでのトラブル、SNS悪用」だった。

犯罪被害にあう不安を感じた・被害にあったときの対応は「何もできなかった」が約4割で最多となり、防犯グッズの使用はわずか7.3%に留まった。


■防犯に必要な機能を凝縮
Digi Policeは、警視庁が開発した公式防犯アプリで、iOS版とAndroid版が用意されている。利用料は無料、2021年3月現在のダウンロード数は約40万。

大きな特徴は、
・犯罪や防犯の情報
・痴漢撃退機能、防犯ブザー
・通知機能
この3つだ。

〇犯罪や防犯の情報
警視庁は犯罪や防犯に関する様々な情報をホームページで公開しているが、犯罪や防犯と関係ない情報も多い。
しかしDigi Policeでは、犯罪や防犯に関する情報を中心にまとめられているのがポイントだ。


Digi Policeのトップ画面。

アプリのトップページでは、
・新生活防犯情報
・けいしちょうWeb教室
・子供と女性の安全
・詐欺まるわかり
・サイバーセキュリティ
・警視庁ホームページ
・犯罪発生情報
・公開捜査
・インコの部屋
これらのカテゴリ別にタブが用意されているため、目的の情報に素早くアクセスできる。


〇痴漢撃退機能、防犯ブザー
痴漢撃退機能では、画面下の「痴漢撃退」をタップして「痴漢です 助けてください」と画面に表示させることができる。
電車の中で痴漢にあったとき、この画面を周りの人に見せて助けを求められるというものだ。


痴漢撃退機能の画面。タップすると自分の代わりに「やめてください」と発声してくれる。

防犯ブザーは、酔っぱらいに絡まれたりしたときなど、痴漢行為以外にも活用できる機能だ。


防犯ブザーの画面をタップすると、けたたましい音が鳴る。


〇通知機能
家族や知り合いに現在地を知らせる機能だ。
実際に使用するためには、事前に通知したい人をメンバーとして登録しておく必要がある。


「送信するメンバーを設定しましょう」をタップすれば、QRコードで追加できる。


■現在地の犯罪情報がマップで確認できる
Digi Policeは、最初にマイエリアを設定する。
自宅や学校、職場など3つまでの区市町村を設定できる。

エリアを設定すると、マップをタップするだけで、そのエリアで発生した犯罪情報を表示できる。
また、設定したエリアに応じて、プッシュ通知が送信されるため、犯罪情報を見逃すことがない。


トップ画面では、設定したエリアで発生した犯罪情報を表示できる。

トップ以外のタブは、防犯やサイバーセキュリティ対策などに役立つ情報がある。
必要な情報だけタップして見ればよいので、使い勝手がよい。

さらに動画のコンテンツも用意されている。
たとえば、「詐欺まるわかり」の「特殊詐欺防止CUP!1回戦」は、卓球を通して特殊詐欺の手口を紹介してくれる。
コントのような動画なので、防犯知識に乏しい人でも楽しく学べる。


「特殊詐欺防止CUP!1回戦」を視聴すれば、およそ1分で特殊詐欺の手口を理解できる。

2022年4月15日、電車の中で痴漢行為をした50代の男性が逮捕された。その際、被害女性はこのDigi Policeを活用していたという。
痴漢を撃退したい人や、特殊詐欺が気になる人、住んでいる地域の防犯情報を知りたい人にとって、Digi Policeは強い味方になってくれるだろう。

「女性の『安全・安心』に関する意識調査(PDF)」- セコム
防犯アプリ Digi Police - 警視庁ホームページ
「Digi Police」をApp Storeで
DigiPolice - Google Play のアプリ


ITライフハック 関口哲司