日々、ロシアがウクライナに侵攻しているというニュースが流れて非常に悲しい気持ちです。過去、人類は何度も戦争を起こしてきました。そのたびに過ちを繰り返さないよう多くのことを学んできたはずです。それなのに今の時代に再び武力で相手をねじ伏せようということは、やってはいけないことです。

その大きな影響は当然スポーツ界にも及んでいて、今、国際サッカー連盟(FIFA)はロシア代表とロシアのクラブチームの国際試合を「Suspend(停止)」させています。また、パラリンピックにはロシアパラリンピック委員会とベラルーシの選手が参加できなくなってしまいました。

「政治とスポーツは別物」とは言いますが、それはスポーツに政治が介入しようとするときの話であって、今回はどうしても影響を受けざるを得ないと思います。

スポーツが成り立つのは「平和」で「平等」で「差別がない」という前提の下。その最初の「平和」が崩れている以上、攻め込んでいる国の選手は参加できないと思うのです。もちろんロシアの選手にはまったく責任はないのですが、ウクライナの選手が亡くなっているということを考えると、制裁は仕方ないと思います。

戦争はあってはいけない。一刻も早くロシアの侵攻が終わり、ウクライナに平和が戻ってほしい。心からそう願います。