BTS・JIMINが新型コロナ感染&急性虫垂炎で手術…「現在は回復中」と事務所が発表【全文】

写真拡大

BTS(防弾少年団)のJIMINが新型コロナで陽性判定を受けた。さらに急性虫垂炎で手術を受けたと発表した。

【写真】真夜中に“天使JIMIN”が突如降臨!

BTSの所属事務所BIGHIT MUSICは1月31日、Weverseに公式立場を発表した。BIGHIT MUSIC側は「JIMINの新型コロナウイルス感染症の陽性判定および健康状態について、ファンの皆様にお知らせする」とし、「JIMINは30日(日)午後に軽微な喉の痛みとともに急な腹痛を感じ、近くの病院の救急室でPCR検査と精密検査を行った」と伝えた。

続けて「検査の結果、新型コロナウイルス感染症の陽性判定とともに急性虫垂炎との診断を受け、手術が必要であるとの医療陣の勧告に従い、31日(月)早朝に手術を受けた」と明らかにした。

医療陣によれば、手術は無事に終了し、JIMINは安静にしながら回復中だという。ただ「コロナ陽性判定と急性虫垂炎の手術が伴ったため、しばらくの間、入院治療を行う予定」だ。

コロナの症状は「軽微な喉の痛みがありますが、治まりつつある」とし、ウイルスの感染力があると判断される期間に他のメンバーとの接触はなかった。

JIMIN

先立ってBTSメンバーは、SUGA、RM、JINの3人が新型コロナに感染し、すでに回復している。現在、長期休暇中のBTSは来る3月に韓国ソウルでコンサートを開催する予定だ。

BIGHIT MUSICの公式立場全文は、以下の通り。

こんにちは。BIGHIT MUSICからのお知らせです。

BTSのメンバーJIMINの新型コロナウイルス感染症の陽性判定および健康状態について、ファンの皆様にお知らせいたします。

JIMINは30日(日)午後に軽微な喉の痛みとともに急な腹痛を感じ、近くの病院の救急室でPCR検査と精密検査を行いました。検査の結果、新型コロナウイルス感染症の陽性判定とともに急性虫垂炎との診断を受け、手術が必要であるとの医療陣の勧告に従い、31日(月)早朝に手術を受けました。

医療陣によると、手術は無事に終了し、JIMINは現在安静にしながら回復中です。新型コロナウイルスの陽性判定と急性虫垂炎の手術が伴ったため、しばらくの間入院治療を行う予定です。現在、軽微な喉の痛みがありますが、治まりつつあります。ウイルスの感染力があると判断される期間に他のメンバーとの接触はありませんでした。

当社はアーティストの健康と安全を最優先に考慮し、JIMINが一日も早く快復できるよう最善を尽くしてサポートする予定です。また、防疫当局の要請および指針にも誠実に協力いたします。

ありがとうございます。

◇JIMIN プロフィール

1995年10月13日。本名パク・ジミン。ダンスの実力が高く評価され、釜山芸術高等学校舞踊科へ首席で入学した。高校2年生の頃に現在の所属事務所Big Hitエンターテインメントのオーディションを通じて練習生に抜擢され、ソウルへ上京した。韓国芸術高等学校に転校するのだが、偶然にも同じくBTSのメンバーVとクラスメイトに。グループ内ではリードボーカルとメインダンサーを担当している。