巨人・桑田真澄1軍投手チーフコーチ、日本ハム・新庄剛志監督、広島・菊池涼介(左から)【写真:荒川祐史】

写真拡大

最多得票はイチロー氏の1万6398票、2位は古田敦也氏

 守備の名手を表彰する「三井ゴールデン・グラブ賞」が第50回を迎えたのを記念して実施された「三井ゴールデン・グラブ レジェンズ」のファン投票結果が発表された。外野手部門ではイチロー氏(現マリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクター)が全ポジションで最多の1万6398票を集めた。

 投手ではゴールデン・グラブ賞8度選出の元巨人・桑田真澄氏(現1軍投手チーフコーチ)が6899票を集めて選出。2位には昨季で引退した松坂大輔氏が5464票、3位は現ツインズの前田健太投手で2442票が入った。捕手は元ヤクルトの古田敦也さんが1万2221票を集めて圧勝。一塁手は王貞治氏(現ソフトバンク球団会長)が6341票で選ばれた。

 二塁手は広島の菊池涼介内野手が9913票を集め、中日の荒木雅博氏(現1軍内野守備走塁コーチ)に6000票以上の大差をつけた。三塁手と遊撃手は接戦で、三塁は中村紀洋氏(現中日1軍打撃コーチ)が5808票で、遊撃は元中日の井端弘和氏が4636票でトップだった。外野手は日本ハムの新庄剛志監督が1万1478票で2位、秋山幸二氏が7110票で3位だった。(Full-Count編集部)